中国輸入の基礎知識

中国仕入れで不良品があった場合、返品できるのか?【中国輸入物販】

今回の内容は、仕入れた商品の中に、不良品があった場合

返品をすることが可能なのかを詳しくお伝えしています。

中国から商品を仕入れる際には、一度は必ず「不良品」が紛れ込んでいます。

不良品は販売すると、購入者から悪い評価を受けたり、商品によってはアカウントが停止したりする可能性があります。

そのため、不良品を販売することは非常にリスクが高く、解決策は不良品の返品しかありません。

しかし、中国で仕入れた商品は返品できるのでしょうか?

そこで今回は、中国から仕入れた商品の中に不良品があった場合、返品・返品交換ができるのかについて解説していきます!

この記事をご覧いただくことで、中国から仕入れた不良品を返品できるのが分かるようになり、不良品を防ぐための方法も身につけることができますよ!

動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ!!↓↓

動画内で紹介している動画orサイトはこちらです。

アリババ

タオバオ

ヤフオク

不良品の種類

まずは、どのような商品が不良品なのかを理解しておく必要があります。

そもそも不良品がどのような商品かを理解していなければ、間違って販売してしまう可能性もあります。

そして、不良品として挙げられるのは、主に次のような商品です。

  • 本体が壊れている
  • 外装が破損している
  • 部品などが不足している
  • 色が違う
  • 頼んだ商品と違う
  • サイズが違う

中国から仕入れた商品にこのような不良品が紛れ込んでいる場合、販売することは、ほぼ不可能です。

そのため、商品を返品できなければ、不良品分の代金が赤字扱いとなってしまいます。

正直、中国輸入初心者の方にとっては、大きな損害であると言えます。

しかし、冒頭でもお伝えした通り、中国輸入に取り組んでいれば、一度は必ず不良品が紛れ込んでいるため、避けることはできません。

不良品は返品できるのか?

不良品は仕入れ先によって、返品できる場合もありますが、返品できない場合もあります。

しかし、不良品を返品できたとしても、手間がかかりますし、返品の際にかかる送料は基本的にコチラで負担しなければなりません。

そのため、作業にかかった時間と送料分の費用がマイナスとなってしまいます。

また、不良品を返品できない場合もあるとお伝えしました。

理由としては、次のようなケースが挙げられます。

  • 製造元の工場が返品を受け付けていない
  • 仕入れ先が返品を受け付けていない

このように仕入れ先の都合ではありますが、不良品を返品できない場合、不良品分の代金は戻ってきません。

しかし、繰り返しになりますが、中国輸入をやっていれば不良品は一度は必ず紛れ込んでいます。

そのため、返品することに注力するのではなく、不良品を事前に防ぐことが重要となります。

不良品を防ぐ2つの方法

中国から仕入れた商品の中から、不良品が出ることは、仕方がないことだと理解していただけたと思います。

そのため、前述した通り返品することに注力するのではなく、不良品を事前に防ぐことが重要となります。

そこでここからは、不良品を防ぐ2つの方法について解説します。

仕入れ先の評価をレビューなどで確認する

中国輸入で主に利用する仕入れ先として、タオバオ、アリババ、ティーモールなどがあります。

そして各サイトでは、ショップごとに、今までの取引実績に基づいた評価を見ることができます。

基本的には、この評価が低いショップは、不良発生率が高いと考えていただいて大丈夫です。

そのため、評価の低いショップは、仕入れ先の候補から外しておきましょう。

また、同じ価格で複数のショップが出品している商品の場合は、評価の高いショップから仕入れを行うようにしましょう。

このように、評価を確認して仕入れ先を選定するだけで、不良品を掴む確率が格段に下がります。

代行業者に開封検品を依頼する

代行業者は、商品の仕入れだけでなく、目視で簡易検品も行ってくれます。

この際に、明らかに壊れているものや注文書と違う見た目の商品は、基本的に検品時に省かれますが、箱を開けないと中身がわからない商品も中にはあります。

そのため、箱の中身を見ないとわからないものに関しては、有料にはなりますが、開封検品を依頼すべきです。

しかし、これだけやっても不良品が出てしまう場合には、ヤフオクを使って不良品を販売することがおすすめです。

ヤフオクでは、タイトルや商品説明欄に「不良品」と記載しておけば、販売することができます。

予定していた金額よりも、価格は下がってしまいますが、仕入れ分の代金は回収できるはずですよ!

まとめ

ここまで、中国から仕入れた商品の中に不良品が紛れ込んでいた場合の対処方法などについて解説してきました。

そして今回のお話をまとめると、ポイントは次の3つです。

  1. 不良品は返品できる場合と、できない場合がある

  2. 不良品を防ぐ方法は2つ、仕入れ先の評価をすること、代行業者に開封検品を依頼すること

  3. それでも不良品が発生する場合にはヤフオクで販売する

中国輸入で大きな結果を出すためには、不良品と上手く向き合っていくことは非常に重要です。

そのため、不良品が出てしまうのは「仕方ない」で済ませるのではなく、不良品を防ぐための行動や、不良品の処理をしっかりと行っていきましょうね!

検品なしの中国輸入ビジネスは命取り。 検品の重要性とは? なぜ中国輸入ビジネスで検品が必要なのか なぜ中国輸入ビジネスで検品が必要なのか。 中国の事情を見ながら早速、その必要性について見...
ホントにそんなことあるの?中国輸入のあり得ないトラブルのまとめ同じURLなのに、どうして商品が変わってしまうのか? 中国で買い付け代行を利用していて、不思議に思うことはないですか? 同じタオ...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST