中国輸入お役立ち情報

副業で中国輸入ビジネスを始めた方へ「確定申告のタイミングと準備」

中国輸入に限らず、副業で収入を得た場合には、確定申告を行う必要があります。

しかし、中国輸入初心者の方は、確定申告を行うタイミングや何を準備すれば良いかわからないでしょう。

そして、確定申告を忘れてしまい、多額の税金を請求されるケースも・・・。

そこで今回の記事では、そのような失敗を防ぐために確定申告を行うタイミングと準備について解説します。

この記事をご覧いただくことで、どのタイミングで確定申告を行うのか、そして確定申告を行うためには何を準備すれば良いかが分かるようになります。

動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ!!↓↓

 

確定申告を行うタイミング

本業で中国輸入ビジネスを行うのであれば、確定申告は必ず必要です。

しかし、「副業で中国輸入を行う場合はどうなのか?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

一般的には、本業で年末調整してくれる会社にお勤めの方は、給与所得や退職所得以外の年間所得が20万円以下であれば、確定申告を行う必要がありません。

逆に本業以外で、年間で20万円の所得がある場合には、確定申告を行う必要があります。

そのため、副業で中国輸入ビジネスをやっている方が確定申告を行うタイミングは、年間所得が20万円を超えたタイミングとなります。

また、1点注意しておいていただきたいのが、この所得というのは、売上ではなく利益のことです。

所得を売上と勘違いされる方もいらっしゃいますが、そのことを間違えないようにしましょう。

確定申告を行うための準備

確定申告ついて簡単に説明すると、専用の書類を作成して、その書類を税務署に提出するだけです。

これだけ聞くと、「確定申告ってすごく簡単!」と思う方もいらっしゃいますが、書類を作成する前にはいくつか準備をする必要があります。

準備について細かく説明すると、かなり長くなってしまうため今回は3つのポイントに絞って解説します。

青色申告か白色申告か選ぶ

確定申告には「青色申告」と「白色申告」の2種類の申告方法があります。

簡単に説明すると、青色申告は手続きは複雑ですが、節税効果があります。

逆に白色申告は、手続きは簡単ですが、節税効果はありません。

そのため、本業で中国輸入ビジネスをやっている方であれば、青色申告がおすすめですが、副業の場合は節税するほどの所得はないと思うので、白色申告で大丈夫です。

会計ソフトでデータをまとめておく

昔は売上や経費などを手書きの帳簿でまとめていましたが、今は無料で利用することができるクラウド型の会計ソフトでデータをまとめることができるようになりました。

有名どころの会計ソフトで言うと、

  • freee
  • MFクラウド
  • 弥生会計

などがあります。

また、先ほど無料で利用することができると言いましたが、場合によっては費用が発生することもあります。

しかし、費用がかかったとしても年間1万円前後なので、そこまで負担にはなりません。

また会計ソフトの中には、サポート付きのプランもあるので、分からないことがあればすぐに質問することもできます。

プロに相談する

ここまでは、自分でやるべき準備について解説しました。

しかし、確定申告が難しそう、面倒くさそうと考える方もいらっしゃるでしょう。

そのような方におすすめしたいのがプロに相談、つまり「税務相談」を行うことです。

税務相談と聞くと、高い費用がかかりそうなイメージがあるかもしれませんが、無料で相談をしてくれるところも多くあります。

また、1回だけの相談では不安に感じる方は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで「(お住いの市区町村)税務相談」と検索してみてください。

  • 都道府県主催
  • 市区町村主催
  • 商工会議所主催
  • 税理士主催

このように、さまざまな機関が無料で開催している相談会を見つけることができます。

このような相談会に参加すれば、数回は無料で相談を受けることができます。

さらに相談会だけでなく、税務署に行けば細かい点まで相談に乗ってくれます。

それでも、どうしてもわからない、面倒くさいと思う方は、お金はかかりますが税理士に依頼するのも1つの手です。

しかし、中国輸入を副業でやっていて、まだそこまで収益が出ていないのであれば、あまりおすすめはできません。

そのため、税理士に依頼をするのは、中国輸入で大きな収益を上げられるようになり、確定申告の作業に使う時間がもったいないと感じたときにしましょう。

まとめ

今回の話をまとめると、ポイントは次の4つです。

  1. 年間所得が20万円を超えるタイミングで確定申告を行う
  2. 青色申告か白色申告か選ぶ
  3. 会計ソフトを使って売上などのデータをまとめておく
  4. どうしてもわからない場合にはプロに相談する

これから中国輸入を続けていくのであれば、確定申告は避けて通れない道です。

また冒頭でもお伝えした通り、確定申告を忘れてしまうと、後から多額の税金を請求されます。

そのため、今回の記事で解説した確定申告のタイミングと必要な準備をしっかりと覚えておきましょう。

中国輸入で資金繰りが悪化する原因とその対処法とは? 中国輸入で資金繰りが悪くなる原因とは? まず、そもそも中国輸入ビジネスの資金繰りがどうして悪くなるのかについて考えていきましょう。...
中国輸入ビジネスの資金調達方法5選とは? 初心者必見! 中国輸入ビジネスに必要な資金の調達方法はこちらの5選 ビジネスに必要な資金調達の方法に以下の5つがあります。 身内か...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST