オリジナルOEM製造

中国輸入物販で他者と差別化して稼ぐには?

今回は、中国輸入物販で他者と差別化して稼ぐ方法5つのポイントについて解説していきます。

結論から言うと、中国輸入ビジネスでは他者と差別化することが必要不可欠です。

しかし、中国輸入ビジネス初心者の方は、どのように差別化すれば良いかわからないでしょう。

そこでこの記事をご覧いただくことで、中国輸入ビジネスでのように他者と差別化すれば大きく稼げるかがわかるようになるはずです。

ぜひ参考にしてください。

OEM商品は付加価値をプラスして他社との差別化をはかるべし。

中国輸入ビジネスにおいて、他者と差別化するために用いられる方法として挙げられるのがOEMです。

しかし最近では、OEMの知識はかなり広まってきており、誰でも簡単にOEMで商品を作れるようになってきました。

その為、単純にOEM商品を作ったからといって、簡単に他社との差別化が図れなくなってきています。

また、すでに人気のある商品に関しては、OEMを行ったとしてもすでに非常に多くのライが存在し、厳しい争いになっているのが現状です。

そのため、他社との差別化をうまく図っていくのであれば、その他大勢の単純なOEM商品を作るだけでなく、プラスアルファの付加価値を付けていくことが差別化成功のカギとなります。

OEM商品で他社との差別化を図るためのポイント5選とは?

前述した通り、単純なOEMだけでは中国輸入ビジネスで差別化することは難しいです。

そこでここからは、ライバルとの差別化を成功させるために必よな5つのポイントを紹介します。

具体的な内容は次の通りです。

  • ニッチな分野を狙う
  • 商品ページにお金をかける
  • 商品のパッケージにこだわる
  • 付属品をつける
  • セット販売を行う

それでは、ポイントについて1つずつ解説します。

OEM商品はニッチな分野を狙ってライバルに大きな差をつけよう

前述通り、中国輸入ビジネスですでに人気のある商品は、ライバルが非常に多いです。

出来る限りライバルの数をすくなくするひつよ、ライバルたちがいないニッチな商品を狙っていくことによって、他者との差別化を図ります。

ニッチな分野と聞くと、マニアックなものを想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

たとえば、『人気商品のサブカテゴリー』なども十分にニッチな分野といえます。

人気商品のサブカテゴリーであればマニアックな商品とちがって、OEM化する商品を探すのはさほど難しくありません。

また、そのような商品は思わぬものがヒットする可能性も高いため、おすすめなカテゴリーとなります。

OEM商品は商品ページにお金をかけてライバルと差別化しよう

ネットショップで売れ行きの良い商品は、必ずしも品質が1番良いというわけではありません。

むしろ購入者は、商品の品質で購入するしないの判断をしているのではなく、商品ページを見てから商品を買うかどうかの判断をしています。

そのため、商品ページのデザインにお金をかければ商品は売れやすくなります。

具体的には、商品ページのどこにお金をかけたらいいのか。

それは商品画像やタイトル、商品説明などです。

『商品ページにお金をかけて他社との差別化を図る』

実は意外とこの点に気づいて実践できている出品者は少ないため、大きな差別化ポイントとなります。

OEM商品はパッケージにこだわってライバルとの差別化を図ろう

商品に対する購入者の体験は、商品を開封するところから始まります。

もしもパッケージや包装が普通、もしくはあまり良くないモノであった場合、果たして購入者は喜んでくれるでしょうか?

商品がよかったとしても、パッケージが貧相であったなら、きっとがっかりするのではないでしょうか。

一方、予想以上にパッケージがしっかりしたモノであれば、購入者はどのような反応を示してくれるでしょか?

当然購入者は商品を気に入って注文していますが、質の高いパッケージという高い付加価値によって、さらに満足度があがります。

そうなれば、購入者は良いレビューを書いてくれたり、もう一度あなたから商品を購入してくれる可能性も高くなるのではないでしょうか。

ただ、もしOEMする商品が低価格帯のものでは、利益率が低くなるため、パッケージにお金をかけることは難しいです。

そのため、パッケージ・包装にこだわるのであれば、高価格帯の商品をOEMするのがおすすめです。

もし、高価格帯の商品であれば、パッケージや包装にコストをかけたとしても十分、利益を上げることができます。

OEM商品は付属品をつけて、ライバルと大きく差をつけよう

OEM商品は付属品を付けることで、ライバルと大きくさを付けることができます。

例えば、電子機器類であれば、USBケーブルや電池などの付属品を付けることによって、他者との差別化を図ることができます。

また中国輸入の商品に付属してある説明書は、基本的に中国語や英語のものが多いです。

そのため、操作などがわかりにくい商品に関しては、日本語の説明書をつけてあげることもおすすめとなります。

実は販売商品に日本語の説明書があるとないとでは、意外と売れ行きが大きく変わってきます。

ここで一つポイント。

販売商品に付属させる日本語版説明書を作る場合には、費用はかかりますがランサーズなどの外注サイトを使えば、簡単に作成することができます。

オリジナルのセット商品を販売してライバルと大きく差をつけよう

『セット販売をおこなって他社との差別化を図る』ことは、前述した付属品をつけることと似ていますが、内容が少し違います。

たとえば、パソコンを販売するとしましょう。

例外はありますが、『もしパソコンを購入するのであれば、キーボードやマウスが必要になる』ということを先読みして、パソコン、キーボード、マウスすべてをセットにして販売します。

もちろん単体でもパソコンは売れるかもしれませんが、セット販売することで、単体で販売するよりもさらに売れやすくなります。

またセットで販売することによって、配送費を削減することもできます。

まとめ

今回のお話をまとめると、他者との差別化ポイントは次の5つです。

  • ニッチな分野を狙う
  • 商品ページのデザインにお金をかける
  • 商品のパッケージ・包装にこだわる
  • 付属品をつける
  • セット販売を行う

このような差別化をするだけで、売れ行きは劇的に変わり、ライバルとの競争に悩まされることもなくなるはずです。

これまでライバルとの競争に悩んでいた方は、ぜひ実践してみてください。

また、大きな売上を上げているライバルが実践している手法を参考にすることも良いでしょう。

【中国輸入】オリジナルブランド商品で戦うという選択肢中国輸入ビジネスでは、自身のオリジナルブランドを作ることで大きな収益を上げることができます。 そのため、オリジナルブランドの制作に取り...
中国輸入OEMはビジネススケール拡大に最適なビジネス手法。 OEMとは?メリットと合わせて確認しよう そもそもOEMとは何なのか? ご存知の方も多いかと思いますが、分からない方もいらっしゃ...
中国輸入OEM初心者はオリジナルセット商品の活用で販売の波に乗ろう OEM初心者はオリジナルセット販売で中国輸入ビジネス界で生き残ろう 中国輸入ビジネスは日本のネットショッピング市場の成長とともに急...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST