中国輸入の基礎知識

中国から仕入れた商品の値段設定方法とは?

今回の内容は、「値段設定」について詳しくお伝えしていきます。

中国輸入では、価格設定を間違えてしまうと、商品が全く売れなくなってしまう可能性があります。

そのため、直感などで商品の価格を決めることはNGです。

しかし、どのような方法で価格設定を行えば良いのでしょうか?

そこで今回は、中国から仕入れた商品の価格設定を行う方法について解説します。

この記事をご覧いただくことで、商品の価格設定方法が分かるようになり初心者の方でも価格設定に悩むことなく、スムーズに中国輸入をスタートさせることができますよ!

動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ!↓↓

 

価格設定の基本知識

価格設定は、冒頭でもお伝えした通り、商品の売れ行きや売上、利益に直接影響します。

そのため、しっかりと考えて価格を決めなければいけません。

しかし、売れ行きだけを気にして、価格を可能な限り下げてしまうと、売上、利益が低くなってしまい、最悪の場合赤字になってしまいます。

逆に売上、利益欲しさに価格を上げてしまうと、商品が売れにくくなり、収益が0になる場合もあります。

このような失敗を避けるためには、売れ行き、売上、利益のバランスを考えた、適正価格を付けることが必要です!

では、適正価格を付けるためにはどうすればいいのか?

そのためにはまず、一般的な価格の付け方を知りましょう!

一般的な価格の付け方は、次の通りです。

  • 商品価格=仕入れ価格+経費+利益

人件費や広告手数料、販売手数料などが経費となります。

個人で中国輸入を行っている場合は、人件費は無しという考えで大丈夫です。

そして利益ですが、一般的には、薄利多売の商品であれば低く見積もり、ブランド力の高い商品であれば高く設定します。

しかし、中国輸入初心者の方は、自分が販売する商品がどのような位置付けにあるのか、完全には理解できないと思います。

そこで続いては、参考にしていただきたい価格設定の方法について解説します!

3つの価格設定方法

中国輸入初心者の方でも実践することができる価格設定の方法は3つあります。

そして、ここで解説する方法を参考にすれば、悩むことなく価格設定を行えるはずです!

ライバルが販売している価格

ライバルが販売している価格は、すでに商品が売れているという実績があるので、同じ価格で出品すれば売れる可能性が非常に高いです。

また、売上や利益、売れ行きもある程度確保することができます。

そのため、今回ご紹介する3つの価格設定方法の中で、もっとも無難な方法といえます。

しかし、注意しておくべきことが1点あります。

それは、ライバルがその市場でどのくらいシェアを獲得しているかを把握しておくことです。

仮に、ライバルが月1,000個単位で商品を販売しているのであれば、市場を独占している可能性があるため、同じ価格で販売しても売れ行きを確保できるか正直怪しいです。

そのような場合には、ライバルよりも低い価格を設定するようにしましょう!

ただし、低く設定しすぎると、薄利になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

利益をほぼ0にする

この方法は、参考にできるライバルがいない場合や、商品の売れ筋ランキングを上位にあげたいときに有効な方法です。

しかし、ずっと利益がほぼ0の価格で販売するのでなく、売れ行きが安定し、商品のランキングも上がってきたら価格を上げます。

価格を上げることによって、多少売れ行きが落ちるかもしれませんが、商品のランキングは上位にいるため、商品は問題なく売れていきます。

また、価格を上げるポイントとしては、一気に上げるのではなく、徐々に上げていくことです。

最初のうちは、ほぼ利益はありませんが、ランキング上位になれば売れ行きは非常に良くなるため、すぐに利益をプラスにできますよ!

価格を高く設定する

この方法は、ブランド力ある商品や価格が高くても購入したいと思うような商品の場合のみ有効です。

ただし、商品のジャンルによっては、あまり向いていない場合もあります。

また、すでにブランド力がある商品は、商標などの問題が関わってくる可能性があるため、取り扱うこと自体が難しいです。

そのため、商品の特性を理解したうえで、価格設定を行うことが必要です。

正直言って、中国輸入初心者の方には難しい方法なので、あまりオススメはできません。

しかし、中国輸入で大きく稼いでいきたいのであれば、覚えておいたほうが良い方法ですよ!

まとめ

今回の話をまとめると、ポイントは次の3つです。

  1. 商品の売れ行き、売上、利益のバランスを考えて価格を設定する

  2. ライバルが販売している価格を参考にする

  3. 利益をほぼ0にして、まずはランキングを上げる

今回は参考にしていただきたい価格設定の方法について解説しました。

しかし、実際に価格を設定してあまりにも商品が売れない場合には、一度価格を下げることも考えたほうが良いです。

商品が売れなければ、売上も利益も確保することはできません。

そのため、今回の価格設定方法はあくまでも参考で、実際に販売してみてその結果をもとに価格を決めていきましょう!

アマゾン価格競争に巻き込まれないための対処方法とは? アマゾンの価格競争に巻き込まれないための対処方法とは? アマゾンの価格競争に巻き込まれないようにするための対処方法として以下の4つ...
中国輸入月収100万はビジネス数学3段階で達成しよう  中国輸入月収100万達成の為のビジネス数学的考え方とは? 皆さんは数学的な足し算、引き算、掛け算はご存知かと思いますが、実はビジネ...
中国輸入を事業にするために必要な利益目安とは? 中国輸入を事業とするならば副業と同じ稼ぎでは成り立ちません 副業としての中国輸入ビジネスであれば、あくまで本業があってのサイドビジ...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST