中国輸入の応用知識

中国輸入物販で押さえておくべき仕入先3選とは?

中国輸入ビジネスでは、販売する商品をどこから仕入れるかで売上や利益が大きく変わる為、「仕入先の選定」は重要です。

しかし、中国輸入物販初心者の方はどの仕入れ先を使えば良いかわからないでしょう。

そこで今回は、中国輸入物販で押さえておくべき仕入れ先3選について解説していきます。

この記事をご覧いただくことで、中国輸入物販初心者の方でもどこから商品を仕入れたら良いかが分かるようになります。

また今回ご紹介する仕入れ先を利用すれば、売れやすい商品を見つけることもできるはずです。

それでは、本題に入っていきます。

動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓↓

中国輸入する商品の仕入先おすすめ3選とは?

中国輸入をして販売する商品のおすすめ仕入先は次の3つです。

  • アリババ
  • タオバオ
  • ティーモール(天猫)

では、次に上で挙げた仕入先の特徴について、それぞれみていきましょう。

アリババの特徴とは?中国から安く商品を仕入れたい方向けサイト

まず1つ目にご紹介する中国輸入おすすめ仕入れサイトは「アリババ」です。

アリババは工場直の出品者が多い法人向け仕入れサイト

アリババは、工場から直接出品しているショップが多く、個人というよりも法人向けの仕入れ先となっています。

アリババは、法人向けであるため、最低ロット数(発注数)が決まっているショップもありますが、最近では1個からでも商品を仕入れることができるショップも増えてきています。

また、中国輸入で将来的に商品のOEMやODMを考えている方はアリババでその工場を探すことも可能です。

アリババ最大の特徴は商品価格の安さ。ロット数次第で安くなる

そして、アリババの最大の特徴は商品価格が非常に安いことです。

先ほどお話した通り、ショップによっては最低ロット数が決まっている場合もありますが、最低ロット数分の商品を仕入れれば、その分仕入価格も安くなります。

さらに発注数を増やしていけば、1個あたりの単価をもっと安く仕入れることも可能です。

そのため、売れ行きの良い人気商品を見つけることができれば、それを大量発注して仕入れ価格を大きく下げ、大きな利益を上げることができます!

タオバオの特徴とは?中国輸入で差別化を図りたい方向けお勧めサイト 

2つ目にご紹介する中国輸入おすすめ仕入れサイトは「タオバオ」です。

タオバオは個人間取引がメインで商品は1点から購入可能

タオバオはアリババグループが創立した中国最大のネットショッピングサイトで、個人間取引がメインの仕入れ先になります。

そして、タオバオは、アリババと違って、1個からでも商品を仕入れることができ、仕入れ初心者の方でも簡単に商品を仕入れることができます。

ただし、出品者によって商品品質は千差万別で、タオバオ上で売られている同じ商品でも出品者によって品質が大きく異なるので注意が必要です。

タオバオ最大の特徴は取扱い商品数の圧倒的多さ。

また、タオバオでは10億点以上にものぼる商品を取り扱っており、その数はずば抜けています。

まさにその商品数の多さは「タオバオ」という言葉の意味でもある「見つからない宝物はない、売れない宝物はない」そのものを表します。

また、タオバオで扱う商品ジャンルもとても豊富で、一例を挙げると、以下の様な商品があります。

  • アパレル
  • 化粧品
  • スポーツ用品
  • おもちゃ
  • 家電製品
  • 雑貨
  • 車・バイク用品
  • 文房具・オフィス用品

タオバオを使って商品仕入れを行えば、珍しい商品を見つけてライバルたちとの差別化を図ることができます。

ティーモールの特徴とは?中国輸入の安心仕入サイトNO.1

3つ目にご紹介する中国輸入おすすめ仕入れサイトは「ティモール」(天猫)です。

ティーモール(天猫)は、もともとタオバオ内で運営されていましたが、2013年に分離したサイトです。

ティーモ―ル(天猫)は出店基準が厳しく、信頼性が高い安心サイト

ティーモール(天猫)最大の特徴はなんと言っても、その非常に高い信頼性で、中国輸入物販初心者の方でも安心して仕入れを行うことができるサイトだといえます。

ティーモールは出店企業に対して厳しい審査基準を設けいるため、偽物、不良品、非正規品といった商品が販売されていることは滅多にありません。

たとえ万が一、ティーモ―ルで偽物などの商品を購入してしまったとしても、商品到着後7日以内であれば理由の有無に関係なく返品・交換の対応をしてくれるので、非常に安心です。

ただ、ティーモ―ルでディメリットを1つ挙げるとするならば、商品の品質が保証されている分商品価格はアリババやタオバオに比べて高いということです。

仕入れを行う際の注意点

ここまで中国輸入物販で押さえておくべき3つの仕入れ先について解説しました。

しかし、中国から商品の仕入れを行う際にはいくつか注意点があります。

そこで最後に、2つの注意点を紹介します。

中国輸入や販売ができない商品を仕入れないように事前にチェック

中国から仕入れる商品の中には、輸入できないものや販売できないようなものがあります。

なぜ、輸入・販売できないかと言うと、法律が関係しているからです。

具体的には、次のような法律が挙げられます。

  • 電気用品安全法
  • 電波法
  • 消費生活製品安全法

まだほかにも中国輸入物販に関する法律はありますが、商品を仕入れる前には輸入や販売できるのかをチェックしておくことが必要です。

電気用品安全法

消費生活用製品安全法

偽物やコピー品の中国輸入は禁止です。要注意!

中国に限らず海外から偽物やコピー品を輸入することは、法律で禁止されています。

仮に輸入することができても、販売してしまうと販売アカウントの停止、最悪の場合、法的な罰を受けることとなります。

また販売をしなくても、商品の返品や処分などに費用もかかるため、偽物やコピー品を扱うことは非常にリスクが高いです。

そのため、偽物やコピー品は絶対に仕入れないように注意しておきましょう。

まとめ

今回のお話をまとめると、ポイントは次の4つです。

  • 安く仕入れたいのであればアリババ
  • ライバルとの差別化図りたい場合にはタオバオ
  • 安心して仕入れを行うならティーモール
  • 仕入れの際には取り扱い禁止商品に注意する

アリババ・タオバオ・ティーモールは、中国の数ある仕入れ先の中でも、非常に仕入れを行いやすいおすすめのサイトです。

ただし、それぞれの特徴は異なるため、自分の現状に合わせて仕入れ先を利用するようにしましょう!

また、まだ一度も仕入れを行ったことがない方は、商品の品質等を確認するうえでも、試しに仕入れてをしてみてください。

それがあなたにとって、中国輸入物販スタートの第一歩になるはずです。

中国輸入で最低利益率25%商品はどこで仕入れる? 仕入先の特徴を紹介。 中国輸入をする仕入先4選とは? 中国輸入ビジネスで利用する仕入先として以下の4つがあります。 タオバオ アリバ...
タオバオ輸入仕入れって安全なの?中国サイトからの商品購入について。中国輸入に挑戦しているみなさんは商品をどのように仕入れていますか? また、これから中国輸入に挑戦したいと考えている人はどうでしょう...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST