アマゾン販売情報

アマゾンで中国輸入販売をするデメリット3選とは?

勝マイケル
勝マイケル
イーウーマートの会員様には中国輸入を始める場所としてまずはアマゾンをお勧めしております。

やはり、アマゾンの圧倒的な集客力は非常に魅力的で、ヒット商品が生み出せれば多くの方に売れるチャンスがあるからです。

しかし、いいことばかりではありません。
中国輸入販売をアマゾンで展開する際に頭に入れておきたいデメリットもいくつかあります。

ここでは、アマゾンで販売する際のデメリットをご紹介するとともに、それに対してどうしていけばいいのか見ていきたいと思います。

アマゾンで中国輸入販売をするときのデメリットとは?

アマゾンで中国輸入販売をするときに頭に入れておきたいデメリットは以下の3つになります。

  1. 手数料が高い
  2. 価格競争がおきやすい
  3. リピーターを作りにくい

それぞれどんなデメリットなのか、もっと詳しく見ていきましょう。

アマゾンで販売する際のデメリットを詳しくご紹介します

アマゾンで販売すると手数料がかかる

アマゾンは他のネットショッピングサイトに比べて手数料が若干割高になっています。
大口出品なのか小口出品なのか、またFBAを利用するのかしないのかにもよりますが、
販売価格の約2~3割程度の手数料がかかります

しかし、Amazonは莫大な広告費を使って集客しており、他の追随を許さない程最強の集客力を持っています
個人で同じことをやろうとしても、莫大な資金力、組織力がなければほぼ不可能であり、
そうなれば、手数料を払ってでもアマゾンで販売することはメリットのほうが大きいと言えるのです。

ただ、商品の値段を決める際、このアマゾンの手数料も含めた値段にするということは気を付けたいポイントです。

アマゾンでの販売は価格競争が起きやすい

アマゾンの商品ページはシンプルで、ひとつの商品ページに同じ商品で出品者や価格が違うものがいくつも掲載されます。

その為、簡単に値段比較ができるので、ユーザーは同じ商品でもより安い値段のものを選ぶ傾向にあり、それに影響され価格競争が起こってしまうのです。
不運にもこの価格競争に巻き込まれてしまうと、全く売れなかったり、売れても赤字といった事態を招いてしまいます。

しかし、こういった価格競争に巻き込まれない方法が1つあります。
それはずばり、オリジナル商品を作って他店と差別化することです。
オリジナル商品を作るには中国輸入において、ある程度の経験と知識が必要です。

しかし、オリジナル商品でヒット商品を生み出すことに成功すれば、価格競争を避けることができ、アマゾン販売で長く戦っていけるようになります。

アマゾンでの販売はリピータを作りにくい

Amazonは自社ショップのファンやリピータをつくることが非常に難しいです。
理由として、アマゾンの商品ページは楽天のように出品者のカラーが出せるような商品ページを作れないことが挙げられます。

それに加えて、アマゾンでの購入者は出品者から買っているというより、アマゾンで買い物をしているという認識の方が多いです。
その為、好きなショップや出品者としてアマゾンユーザーに覚えてもらえることはまず少ないです。

また、商品を探す際はショップ名で探すのではなく、商品を検索して買い物をするので、リピータを作るのは非常に難しいといえます。

したがって、アマゾンで販売する際は、リピータを作ることを考えるのではなく、いかに他の出品者と差別化できるかを考え対策を打っていったほうがいいと言えます。

中国輸入を始める場所はやはりアマゾンがおすすめです

いかがでしたか?

アマゾン販売で避けられない3つのデメリットはありますが、Amazonの集客力やFBAの利点を考えると中国輸入の販売はやはりアマゾンで行うのが一番のおすすめです。
中国輸入を始めようと思っている方。
まずは中国輸入の知識や経験をつんで、いずれはオリジナル商品でAmazon中国輸入販売を極めてみませんか?

そんな皆様をイーウーマートは全力でサポートいたします。

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST