中国輸入ビジネス

【フリーランス向け】新しい収⼊源を確保に最適な仕事3選

フリーランスは自由な働き方である一方で、動いた分しかお金にならないというリスクを常に背負っています。どんな仕事を増やせばさらに多くの収入源を確保できるでしょうか。

「フリーランスにおすすめの在宅ワークは?」

「その仕事内容の詳細は?」

今回は、このような疑問にお答えしたいと思います。

「ビジネスで成功したい!」という方は、ぜひ最後までお付き合いください。

要点まとめ

  • ブログは、ライティングが好きな人におすすめ
  • アフィリエイトは、稼げるまでに1年以上はかかるが、月数百万円を稼ぐのも夢ではない
  • フリマアプリは、気軽に不用品を販売して収益をあげることができる
  • 中国輸入は、利益率が高い一方、品質トラブル・関税の計算などの手間もある

ブログ記事

ブログ記事はブログ向けの文章を書く事で報酬を得るお仕事になっています。ライティングのお仕事なので、文章を書くのが好き、物事を深く考えるのが好きな人に向いているお仕事と言えます。

自分の文章で人の心を動かすことにやりがいを感じている人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

アフィリエイト

アフェリエイトはブログで商品を紹介し、そして売り上げた金額の中から紹介報酬を得るお仕事です。アフェリエイトで稼ぐためには、まずはブログやサイトのアクセス数を集めることから始めないといけないので、稼げられるようになるまでには早くても約1年ほどかかるとも言われており、すぐに稼ぎたい人にはあまり向いていません。

ただ、一度アフェリエイターとして軌道にのれば、個人で月に数百万円稼ぐことも夢ではないので、非常に夢のあるお仕事とも言えるでしょう。

フリマアプリ

フリマアプリはネット上のフリーマーケットのことです。自身の不要になったものやネットで仕入れた商品をフリマアプリで販売することを通して報酬を得ることが可能です。

メルカリはフリマアプリとしてもっとも知名度が高く、利用者が多いだけでなく、出品が簡単で商品のカテゴリが広いので、使い勝手の良いフリマアプリと言えるでしょう。まずはお家にある不要になったものを販売しながら使い方に慣れてみてはいかがでしょうか

中国輸入

中国輸入とは仕入値と売値の差額を利益とするせどりの一種で、物価の安い中国から商品を仕入れて日本で売ることです。

仕入れ先としては中国のショッピングサイトがよく利用されており、一例としてアリババ、タオバオ、AliExpressがあります。そこから商品を仕入れ、そして日本のショッピングサイトであるメルカリ、ヤフオク、Amazonなどで販売を行う流れです。

仕入れ先が中国ということなので、国内より安価で仕入れられるため、利益率が高く取れることと、国内よりライバルが少ないことがメリットです。一方で、デメリットとしては国内で商品を仕入れた時に比べて品質トラブルがおこりやすいことと、関税などの費用の計算が少し煩雑であることが挙げられます。そのため、中国輸入代行業者を利用することをオススメします。

まとめ

今回のお話をまとめると「フリーランスの新しい収入源に繋がるお仕事はたくさんあること」です。

フリーランスとして働く最大のメリットはやはりさまざまな仕事を自分の裁量でこなすことができることではないでしょうか。今少しでも時間に余裕があるのであれば、ぜひ新しい仕事にチャレンジしてみて新しい収入源を確保してみてくださいね!今回ご紹介した中で、試してみたいお仕事がありましたら幸いです。

在宅ワークの入門書!一から十まで教えます新型コロナウイルス感染拡大により、自宅で働くスタイルが主流になってきました。この流れに乗って、在宅ワークでお金を稼げるようになりたいです...
中国輸入を始めるのに必要な資金はいくら?物販入門者必見!中国輸入ビジネスを始めるためには、当然ですが、資金が必要不可欠です。 また、これから中国輸入ビジネスを始めようと思っている方は、必要な...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST