中国輸入ビジネス

国際配送で子供向けのおもちゃ(玩具)を送る場合の対処方法は?

勝マイケル
勝マイケル
中国のタオバオ代行から買い付けをする時に気をつけなければいけないこととして、日本の法律上における許可の問題があります。
今回はその中でも、子供向けの商品についてのお話をします。

子供向けの商品に厳しい規制がある理由

中国タオバオ代行から子供向けの商品、これを扱う場合には気をつける必要があり、特にその中でも乳幼児関係の商品には結構厳しい規制があります。
どうして厳しい規制があるのかというと、その趣旨としては「抵抗力が小さい子供の体の安全を守ること」にあるようです。

需要がある子供向けの商品として子供用のおもちゃはありますが、例え売れている商品であったとしても、そもそも商品として販売ができないと何の意味もありません。

そういう意味でも、日本におけるそれぞれ法律のポイントを抑えておく必要があります。

国際配送はその時々で、予告なく厳しくなる

特に中国から輸入する場合の国際配送は、通関がどんどん厳しくなっている現状がありますので、ちょっと前には国際配送ができたからと言って、今回も同じように国際配送ができるとは限りませんので、その辺りは安易に考えず、注意をしておく必要があります。

国際配送はその時々により、しかもまったくの予告無しに厳しくなることがあります。

これに対する対策をしていないと、子供向けのおもちゃを取り扱うのは結構厳しいですし、リスクがあると言えます。

子供向けの玩具商品は日本の通関で止まってしまう可能性がありますので、あなたが輸入を考えているのであれば、事前に税関に確認した方が良いと思います。

税関の確認方法は?

玩具類の輸入手続きについて、詳しくはこちらをご参照ください。

2016-07-21_091934

https://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-010793.htmlより引用

 

ちなみにおもちゃであっても、大人向けの商品であれば問題は無いようですので、商品の対象年齢を明確にしておくというのも重要です。

おもちゃであればすべて規制されるというわけではなく、年齢によって規制される商品と規制されない商品がありますので、それも含めて事前に確認しておくようにしましょう。

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST