中国輸入ビジネス

なぜ中国輸入ビジネスか?魅力を紹介

今日は中国輸入ビジネス初心者の方向けになぜ中国輸入をお勧めするのかについてお話します。

中国輸入ビジネスは上手く継続していけば少ない資金でも参入することが可能なビジネスです。
実際のところ少額でしかも一人で参入できるビジネスは意外に少ないので、正しい知識を身につければ大きなビジネスチャンスになり得ます。

是非ここで正しい情報を手に入れて中国輸入ビジネスに挑戦してください。

中国輸入ビジネスとは?

中国輸入ビジネスとは簡単にいうと中国から輸入した物を日本で販売するビジネスです。

え?中国に行くの?
いえいえ、例え現地に行かなくても家にいながらにして商品の輸入が可能です。
なぜかというとオンライン上で商品を発注するからです。
ポチッと指先一つで輸入完了です。

まず中国のオンラインサイト(タオバオ、アリババ、チャイナマートなど)で商品を選びます。
それを日本のオンラインサイト(アマゾン、ヤフオク、楽天、自社サイト)などで販売して利益を出すのです。

中国輸入というと貿易業なので何かとてつもなくスケールが大きなイメージがあるかもしれません。
ところが意外にも家から1歩も出ずに仕入れから販売、決済、発送に到るまで全てがオンライン上で完結してしまうビジネスなのです。

なぜ中国輸入なのか?中国輸入ビジネスの魅力

海外には中国以外にもたくさんの国がありますよね?

ではなぜ数ある国の中から中国輸入をお勧めするのか?

これはズバリ何と言っても物価の差です。
例えば欧米と日本の物価の差と、中国と日本の物価の差が大きいのはどちらでしょうか?
物価の差が大きいほど、利益の出る商品も見つけやすくなるという訳です。

ビジネスの基本である安く仕入れて高く売るという王道が再現しやすいのも中国輸入の魅力です。
信じられないかもしれませんが、中国で仕入れた商品は日本で5倍(物によっては10倍)で売ったりすることができるのです。

中国輸入ビジネスのリスク

ビジネスにリスクはつきものです。リスクゼロだと煽るビジネスほど怪しいですよね(笑)
と脅してしまいましたが中国輸入ビジネスのリスクはそこまで大きなリスクではありません。
あえて言うならリスクはこの3つほどでしょう。

  • 品質の問題
  • 言葉の壁
  • 騙される可能性

 

では順番に見ていきますね。

品質の問題
中国の製品は品質が悪いというイメージがあると思います。
これは日本でも言えますが企業によって品質の差が大きいです。

例えばユニクロの服の品質は悪いと思いますか?
ユニクロの服は中国の工場で作られていますが品質はかなり良いです。
初心者の方が優良な中国の業者を見極めて仕入れのは正直難しいので、業者との取引は信用ある代行業者に任せることをお勧めします。

言葉の壁
言葉の壁についてですが、代行業者を入れれば直接やり取りするわけではなく価格交渉などもやってくれます。
なので実際のところ中国語はほとんど必要ありません
仕入れる商品を決める為にアリババなどのオンラインサイトを見る時にはグーグルの翻訳機能で充分理解できます。

騙される可能性
例えば商品を注文して入金をしても商品が届かないなど、残念ながらそんな業者も実際にはいますので信用ある代行業者に任せるのが無難です。

中国輸入は副業でも可能?外注化ができる?

先ほど中国輸入はオンライン上で全てが完結するビジネスだと言いました。
それはお金を払えば代わりにやってくれるシステムが充実しているからなのです。

中国輸入ビジネスはサラリーマンの副業としても、人気のあるビジネスです。
輸入する商品が少量であれば一人でこなすことも可能ですが大量に取引するようになったら外注化が必須となります。

そこで代行業者を利用すれば、商品の検品やアマゾンの倉庫に直接商品を送ることも代わりにしてくれます。
アマゾンのFBAシステムというのを使えば、お客様からの商品の注文、決済、配送まで全て外注化することができます。

いかがでしたでしょうか?中国輸入は少額投資で始めることができ、なおかつ外注化すれば一人でできるビジネスです。

それともう一つ中国輸入ビジネスをするならぜひ挑戦して欲しいことがあります。
それはOEMという自社商品を持つことです。

最初は自社商品を持つというのはハードルが高いかもしれませんが、自社商品はライバルがいないので断然有利です。
OEMは売れたら爆発的に利益を得ることが可能な夢のある世界なので是非視野に入れておいてくださいね!

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST