中国輸入の応用知識

中国輸入VSアフィリエイト ビジネスの4原則を満たす最強ネットビジネスはどっち?

今話題のネットビジネス。

その中で皆さんはどんなビジネスをはじめたいですか?

もしかしたら、最近よく耳にする、『アフィリエイト』を思い浮かべる方もいるかもしれませんね。

たしかにアフィリエイトは初期費用をかけずに手軽に始められる代表的なネットビジネスの一つですが、長続きしないので正直お勧めできません。

ビジネスを始めるなら手軽さだけでなく、儲けるために必要な要素『ビジネスの4原則』を満たしているかがより重要で、『中国輸入ビジネス』はまさにそれが当てはまります。

そこで今回は、アフィリエイトビジネスと比較しながら、中国輸入ビジネスがネットビジネスの中で最強な理由を紹介するとともに、ビジネスの4原則についても解説していきます。

この記事を読めば、あなたは他のビジネスでも失敗することなく成功し続けることができるようになるはずです。

それでは早速、本題に入っていきます。

アフィリエイトとは?手軽に始められても長続きしない傾向あり。

冒頭でも触れましたが、ネットビジネスの中でもよく耳にするのが「アフィリエイト」だと思います。

アフィリエイトは初期費用がほぼ0なので、参入障壁が低く、誰でも簡単に始められる手軽さがあります。

しかし、参入障壁が低すぎると簡単にやめることもできるため、アフィリエイトで長続きしない人が非常に多いのも事実です。

さらに、アフィリエイトで結果を出すためには、最低でも半年以上はかかるため、結果が出る半年後までは、ほぼ無一文で働く必要があります・・・。

それでは、ビジネスの維持以前に生計が立てられません!!

そういった理由も、アフィリエイトで長続きしない人が非常に多い理由の一つとしてあるようです。

中国輸入ビジネスがネットビジネスで最強な理由とは?ビジネスの4原則とは?

では、アフィリエイトに比べて中国輸入ビジネスはどうでしょうか?

冒頭でも少しお伝えしましたが、ネットビジネスを始めるのであれば、中国輸入ビジネスが一番おすすめです。

なぜなら、中国輸入ビジネスはビジネスで儲けるために必要な要素『ビジネスの4原則』を満たしているからです。

ではこのビジネスの4原則とは一体何なのでしょうか?

続いてみていきましょう。

中国輸入ビジネスも満たすビジネスの4原則とは?

『ビジネスの4原則』をあらためて説明すると次の通りです。

実業家で有名なホリエモンこと堀江貴文さんが提唱した、ビジネスで儲けるために必要な4つの原則のことです。

そして、ビジネスの4原則の各項目は次の通りです。

  1. 小資本で始められる
  2. 利益率が高い
  3. 毎月の定期収入を確保できる
  4. 参入障壁を構築できる

では、中国輸入のどのような点がこの『ビジネスの4原則』を満たしているのか、具体例を挙げて解説していきましょう。

中国輸入ビジネスは小資本で始められる 

ビジネスの4原則①「小資本で始められる」を中国輸入ビジネスに照らし合わせたとき、どのような点が当てはまるのでしょうか?

そのポイントは次の2つ挙げられます。

ポイント①

中国輸入ビジネスを始めるために必要な設備はパソコンとネット環境のみです。 初期費用がほとんどかからないです。

中国輸入ビジネスはあくまでオンライン上での物販である為、実店舗販売のように店舗物件や内装、什器の準備にかかる莫大な資金は一切かかりません。

ポイント②

中国輸入ビジネスは商品の仕入れコストが大きく抑えられます。

中国輸入ビジネスで商品を仕入れる際は、中国と日本の物価の価格差を狙って商品を仕入れますが、原価が低い商品を仕入れれば、1万円からでも中国輸入ビジネスをスタートさせることも難しくありません。

また、中国輸入のメインといっても過言ではないオリジナルブランドの製作は、3万円あれば作ることができるため、やはり小資本でビジネスを始めることが可能です。

中国輸入ビジネスは利益率が高い

ビジネスの4原則②「利益率が高い」を中国輸入ビジネスに照らし合わせたとき、どのような点が当てはまるのか?見てみましょう。

中国輸入ビジネスで販売する商品の調達先である中国は、日本に比べて物価が非常に安いので、中国輸入ビジネスではコストを抑えて商品を仕入れることができます。

そしてさらに

仕入れ値と日本での販売価格の差を大きくすることで、利益率も30〜60%と非常に高い数字を上げることができます。

また、オリジナルのデザインやブランドなどを確立することができれば、価格競争に巻き込まれることなく、自分で商品の価格を設定することが可能です。

中国輸入ビジネスは毎月の定期収入を確保できる

ビジネスの4原則③「定期収入を確保できる」を中国輸入ビジネスに照らし合わせたとき、どのような点が当てはまるのでしょうか?

もし皆さんの中国輸入ビジネスで『オリジナルブランドを確立する』ことができれば、高い利益率を保ったまま商品を販売し続けられます。

そうなれば

オリジナルブランドの商品は、ライバル参入の心配も少なく、長期的に商品が売れるので、定期収入を確保することが可能です。

もちろん、オリジナルブランドではない商品であっても、人気商品であれば毎月の定期収入を獲得することはできます。

中国輸入ビジネスは参入障壁を構築できる

ビジネスの4原則④「参入障壁を構築できる」を中国輸入ビジネスに照らし合わせたとき、どのような点が当てはまるのでしょうか?

中国輸入ビジネスではOEMでオリジナル商品を作ることでを、ライバルたちとの差別化を図り、売上を大きくしていくことができます。

そして、一度オリジナル商品を作ってしまえば、ライバルたちは同じ商品を出品することができないため、参入障壁を構築することができます。

ただ、オリジナル商品と聞くと、敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

すでに販売されている商品に自社ブランドのロゴやタグを付けるだけで、オリジナル商品を作ることもできるため、非常に簡単です。

中国輸入はビジネスの4原則を満たす唯一のネットビジネスです

以上、ビジネスの4原則について解説してきましたが、皆さん、ビジネスの4原則について少しお分かりいただけたでしょうか?

『ビジネスの4原則』はビジネスで儲けるために欠かせない要素であり、中国輸入はネットビジネスの中で唯一それを満たす最強のビジネスといえます。

今注目のネットビジネスをはじめるのであれば、アフィリエイトのような手軽さだけ重視するのではなく、中国輸入ビジネスのように手軽さと将来性を併せ持つビジネスを是非始めてください。

まとめ

今回のお話をまとめると、中国輸入はネットビジネスで最強な理由は次の5つです。

  • 中国輸入はビジネスの4原則を満たしている
  • 小資本で始めることができる
  • 利益率が高い
  • 毎月の定期収入を確保できる
  • 参入障壁を構築できる

ほかのネットビジネスを見ても、ビジネスの4原則を満たしているものは、非常に少ないです。

またビジネスの4原則を満たしているということは、稼げるビジネスであることを証明しています。

そのため、ネットビジネスを始めようか悩んでいる方は、ビジネスの4原則を満たしている中国輸入を始めることがおすすめです!

ビジネスの4原則×中国輸入は最強のビジネスモデル? ビジネスの4原則とは? 「ビジネス4原則」には以下の4つがあります。 初期投資が安い。(ほぼかからない) 利益...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST