中国輸入の応用知識

検品なしの中国輸入ビジネスは命取り。 検品の重要性とは?

検品の重要性
勝マイケル
勝マイケル
日本で物販ビジネスを行うのであれば、商品の品質は絶対にいいものでなくてはいけません。

なぜなら、日本では品質の良いものが売っている環境が当たり前のようにあり、それに慣れている日本人が求める品質水準はとても高いからです。
その為、中国輸入ビジネスにおいても高い品質は当然求められ、それを保ち続けなければいけません。

そこで必要なのが商品の検品です。
今回はこの商品検品にフォーカスし、なぜ中国輸入ビジネスにおいて検品作業は重要で、検品なしでのビジネスはあり得ないのかお話していきたいと思います。

なぜ中国輸入ビジネスで検品が必要なのか

なぜ中国輸入ビジネスで検品が必要なのか。
中国の事情を見ながら早速、その必要性について見ていきましょう。

物価の安い中国は不良品との遭遇率がとても高い

中国は日本と違っていい加減なところが結構あり、日本では考えられないことが頻繁に起こります。

これは中国輸入で仕入れる商品からも見てとれるのですが、送られてきた商品が壊れていた、色が違っていた、商品自体が違っていたと、ありとあらゆるトラブルが起きます。
特に安さ重視で選んだ商品は高い確率で不良品が混ざっており、最悪の場合、ほとんどが不良品で売り物にならないなんてこともあります。

ここで中国輸入で取り扱う方も多い商品ジャンルの電化製品と衣料品分野で良く起こる不良品の例をご紹介いたしましょう。

中国輸入で仕入れる商品に起こるトラブルの例とは?

例えば、電化製品分野の中のイヤホンやスピーカ―といった類の商品によくある不良の一例を紹介しましょう。

これらの商品はぱっと見、不良品には見えなくても、いざ使ってみると、音が出ないなどの不具合が出ることがよくあります。

また衣料品でいえば、よく見る糸のほつれや取れかかったボタンの他に、生地が黄ばんで汚れていたり、商品から石油系のくさい匂いがしたりと、日本では考えられないような商品が送られてきたりします。

このような商品が普通に流通している中国は我々日本人からすれば信じられないし、考えられないですよね。
でもこれが中国の実態です。

検品なしの中国輸入ビジネスは存続不可能

もし、検品なしで中国から輸入した商品をそのまま日本で販売したらどうなると思いますか?
簡単に想像できると思いますが、このような商品はクレームの嵐、返品の嵐となり、最終的にはまったく売れなくなってしまいます。

これって、とても怖いことですよね。
検品なしの中国輸入はまさにビジネスの存続を危険にさらす命とりの行為となるのです。

商品品質=お客様の信頼 検品を怠ればたちまち信頼をなくす。

また、検品はお客様からの信頼を得るためにも絶対に必要です。
そもそも、どういった形であれ、物販をやるのであれば、店側には安心できる商品を提供する責任があります。
しかし、その責任を果たさなかったとしたら、その店の行く末は一体どうなるでしょうか。

商品品質はそれを売っているお店やオリジナルブランドの信頼性に直結してます。
その信頼を得るために、そして守るためにはやはり検品はかかせず、不良品の多い中国輸入においては特に慎重に行う必要があるのです。

検品は信頼できる中国輸入代行業者に任せよう

中国輸入ビジネスに欠かせない検品作業ですが、ではどのようにしてやっていけばいのでしょうか。
ご自身でやるとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは中国輸入では難しいです。

なぜなら、日本に商品を送ってから検品して不良品が見つかったとしても、返品や交換などの対応が一切できなくなるからです。
そのため、中国輸入では検品も代行業者にお願いすることになります。

中国輸入代行業者によって検品内容は様々。信頼できる業者を見つけよう

ほとんどの中国輸入代行業者は検品も請け負ってくれますが、業者によって検品内容も違えば、金額も違います。
まずはどんな検品をしていただけるのか確認し、信頼できる中国輸入代行業者を見つけましょう。

また検品はある程度の経費も掛かってきます。
しかし、商品やご自身のショップの信頼性に関わることなので、ここはあまりケチらず、必要な検品はやってもらい、安心できる商品提供を心掛けるようにしましょう。

我々イーウーマートの検品内容を簡単に紹介します。

もちろん、我々イーウーマートも検品体制を整えています。

簡単に説明しますと、検品の基本は『外観検査』となります。
これは、イーウーの事務所に商品到着後、パッケージ等を開けずに色や数を確認する検査になります。

先程申し上げた通り、商品によっては詳しく検品をする必要なものがあるので、外観検査だけでは不安が残ります。
そういった場合は『特別検品』というオプションもあります。

これは、パッケージなどを開けて商品のデザインや色、サイズや機能などを確認したり、傷があるかどうかなどの比較的細かい確認作業になります。

この特別検査にはアパレル分野とアパレル以外の分野があり、少し検品内容が違います。
詳しくは我々イーウーマートのホームページでもご案内していますのでご確認いただければと思います。
↓↓

https://yiwu-mart.jp/

最後に

いかがでしたか?
中国輸入をして物販ビジネスをやるのであれば、検品は一番重要です。
つい安さを追求して商品輸入しようと思いがちですが、そうではなくいかに品質がいいものを仕入て売ることができるのかがより大切です。

皆さんのショップやブランドへの信頼感を損なわないためにも、是非中国輸入ビジネスでの検品の重要性を肝に銘じつつ、お客様が安心して買えるような商品を仕入れていきましょう。

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST