中国輸入ビジネス

中国輸入初心者の販売先に楽天やアマゾンをオススメできない理由とは?

中国輸入の販売サイトと聞くと、国内でも有名なアマゾンや楽天をイメージする方もいるのではないでしょうか?

しかし、物販経験がゼロの中国輸入初心者の方が、いきなりアマゾンや楽天などの大手プラットフォームを利用することはリスクがありオススメできません。

ではなぜおすすめできないのでしょか?                       そこで今回は、中国輸入の初心者になぜ楽天やアマゾンがオススメできないのか?その理由について解説していきます。

この記事をご覧いただくことで、中国輸入初心者の方は楽天やアマゾンではなく、どの販売サイトを利用すれば良いかが分かるようになります。

また、中国輸入ビジネス立ち上げ段階でつまずくことなく、中国輸入をスタートさせることができるようになるはずです。

では、ここから本題に入っていきます。

動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓↓

中国輸入初心者にAmazonや楽天をおすすめできない理由とは?

なぜ、中国輸入ビジネス初心者がいきなり楽天やアマゾン等大手販売サイトで物販を始めることがおすすめできないのでしょうか? 

その理由は楽天やアマゾンで中国輸入物販を行うにはある程度まとまった運営資金が必要になるからです。    

では、実際にどのくらいの資金が必要になるのか?                  アマゾンと楽天、それぞれのケースに分けて少し見てみましょう。

中国輸入を楽天で始めた場合、運営資金はどれぐらい必要か?

楽天で中国輸入販売を始めるためには、まず次の楽天出店プラン4選の中からプランを1つ選ばなければいけません。

  • がんばれ!プラン
  • スタンダードプラン
  • メガショッププラン
  • ライトプラン

楽天の詳しいプラン内容については、他のブログで説明しているのでこちらでは省きますが、例えばこの4つのプランの中で「ライトプラン」を選んだ場合、どれぐらいの資金が必要になるのかその内訳をみると次の通りです。

  1. 月額出店料 39,800円/月を3か月分一括払いしないといけない。       ¥39800×3か月分=¥119400 
  2. 楽天初期登録料 ¥60,000(全プラン共通金額)

楽天に出店するだけでも合わせて、約20万円かかります

この「ライトプラン」は利用期間が3ヶ月と短く設定されているため、楽天プランの中で1番安いプランなのですが、それでもこれだけの資金が必要となります。

もし、約20万円も運営資金に使うのであれば、商品の仕入れ資金として使って、中国輸入ビジネスの経験・売上・利益を積み上げていった方が将来的にもメリットがあります。

楽天の出店費用に興味のある方はこちらを参照ください↓↓              楽天出店に伴う費用について

中国輸入をアマゾンで始めた場合、運営資金はどれぐらい必要か?

続いてAmazon大口出品の場合、どれぐらいの運営資金が必要になるのか見てみましょう。

  1. まず、Amazonは基本料として月額登録料¥4900(固定費)がかかります。そして、
  2. 商品が売れると、商品カテゴリーによって決められたパーセンテージの販売手数料がかかります。

これだけ見ると、楽天に比べたら初期費用はかなり安いように見えますよね。

アマゾン出店に伴う費用について                         

しかしAmazonで必要な運営資金はそれだけではありまん。  

Amazonで売れるために利用必須のFBAを利用すると

  • アマゾン倉庫での商品保管料
  • 商品の発送料
  • が別途発生します。

また保管料に関しては、FBA倉庫に長期間商品を保管してしまうと、高額の料金を請求されてしまうので注意が必要です。

FBA利用料について

基本的に保管料や発送料などの費用は売上から相殺されるので、実質的な負担はありません。                                       しかし、Amazonで販売してもそれなりの運営資金が掛かるので、売上自体が少なければ、費用を支払ったが手元に入金される売上金はほとんどない、なんてこともあり得ます。

その為、Amazonも中国輸入初心者の方がいきなり販売サイトとして利用するのはあまりおすすめできません。

楽天やAmazonが中国輸入初心者に不向きな理由は金銭的負担が大きいからです。

このように楽天とAmazonで出店した場合、金銭的負担がとても大きいことがお分かりいただけたかと思います。                               

皆さんも想像つくと思いますが、中国輸入ビジネスを始めて間もない初心者はまだそれほどの実績を上げていないので、金銭的にも余裕がない方が多いです。           また、中国輸入初心者は物販経験も少ないです。                   そのような状況で、いきなり楽天やAmazonといった大手の販売サイトにチャジンジしたら、資金面で大きなリスクを抱える可能性がとても高くなります。           

大手に限らず販売サイトで出店する場合、毎月決められた費用は支払わなければいけません。                                       しかし、その支払いがとどこおってしまったら、物販自身ができなくなってしまうのです。

そういったことからも、中国物販初心者が楽天やAmazonでいきなり出店するのはお勧めできません。

中国輸入初心者が使うべき販売サイトはメルカリとヤフオク!

では、中国輸入初心者の方は、どこの販売サイトを利用するべきなのでしょうか?    それはズバリ次の2つです。

  • メルカリ
  • ヤフオク

続いてそれぞれの販売サイトの特徴について解説していきましょう。

メルカリが中国輸入初心者におすすめな販売サイトである理由とは?

いまや日本一のフリマアプリと言っても過言ではないメルカリは、楽天やAmazonとは違い商品の登録や出品を無料で行うことができるという大きなメリットがあります。

さらに、メルカリは楽天やAmazon同様、利用者数がとても多く商品が非常に売れやすいサイトです

もちろん、メルカリにも               

  • 出品した商品が売れたら売上価格の10%販売手数料が発生する
  • 大量出品できない

といったデメリットがあります。

しかし、例えそのようなディメリットがあったとしても、アマゾンや楽天で販売した際の費用的負担やリスクに比べると大したことなく、メルカリは中国輸入初心者が簡単に商品を販売することができる非常におすすめなサイトであることは間違いないでしょう。

ヤフオクが中国輸入初心者におすすめな販売サイトである理由とは?

中国輸入初心者が利用すべきもう一つのおすすめ販売サイトのヤフオク。

ヤフオクは、そもそも無料で商品を販売することができますが、月額498円のプレミアム会員になれば、販売手数料が安くなるというメリットがあります

ちなみにヤフオクの販売手数料はプレミアム会員が8.8%(税込み)、非プレミアム会員は10%(税込み)です。

ヤフオクも毎月の費用はかかるとはいえ、楽天やAmazonのように高額ではありません。 またヤフオクでは、中国商品が売れやすく、現状そこまで中国輸入セラーのライバルも多くありません。

そのため、ヤフオクは、中国輸入初心者の方でも金銭的な負担をおさえながら、やり方次第ですぐに結果が出せる可能性の高い販売サイトだといえます。

メルカリやヤフオクでは大きく稼ぐことはできない

メルカリやヤフオクは中国輸入初心者の方でも販売しやすい反面、大きく稼ぐことは正直難しいです。 

中国輸入初心者にとってメルカリやヤフオクはあくまで                

  • 金銭的なリスクを最小限に、
  • 中国輸入の経験値や実績を積んでいくことを重点に利用する販売サイトです。

将来的に中国輸入ビジネスで大きく稼ぐなら、メルカリやヤフオクで中国輸入の実践を積んでから、タイミングをみて楽天かAmazonに販売先をシフトしていきましょう。

まとめ

今回のお話をまとめると、ポイントは次の3つです。

  • 楽天やAmazonをおすすめできないのは、運営資金が必要だから
  • 初心者におすすめの販売サイトはメルカリとヤフオク
  • メルカリとヤフオクで実践を積んでから、楽天かAmazonにシフトする

今回の記事で解説した通り、楽天やアマゾンでは運営資金が必要となります。

特に楽天は初期費用として、約20万もかかってしまうため負担が大きいです。

そのため、中国輸入初心者の方がいきなり楽天やAmazonで販売を始めてしまうと、資金的にかなりキツイ状況になってしまいます。

そこでまずは、メルカリもしくはヤフオクで実践を積んでから、楽天かAmazonにシフトして大きく稼いでいきましょう!

「楽天運用者が教える!なぜ楽天市場に出店して商品を販売するのか?メリット・ディメリットまとめ」 そもそも楽天市場とは?実際に出店するとどのくらい売れるの? 楽天市場は、楽天株式会社が運営する日本で最大級のインターネットショッピ...
「せどり」ビジネスの落とし穴とは? せどりビジネスとは? 店舗やインターネットマーケットから割安価格で仕入れ、他の店やインターネット上で高く売り、利ザヤを儲けることを...
ヤフー?楽天?アマゾン?ショッピングモール別出店手数料まとめ アマゾンの出店手数料はいくらかかる?大口出品の出店手数料を紹介! 日本に限らず世界的に有名なアマゾンですが、そこで出店する場合...

 

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST