中国輸入ビジネス

「楽天運用者が教える!なぜ楽天市場に出店して商品を販売するのか?メリット・ディメリットまとめ」

「楽天運用者が教える!なぜ楽天市場に出店して商品を販売するのか?メリット・ディメリットまとめ」
勝マイケル
勝マイケル
昨今、楽天市場やAMAZONなどネットショップの市場規模はどんどん大きくなっています。その巨大な市場で自社の商品を販売しようと、お店の出店を考える方は多いのではないかと思います。

みなさんも利用したことがある「楽天市場」、「AMAZON」、「YAHOO!ショッピング」などは「ショッピングモールサイト」といって、多くのお店が集まっているインターネット上のショッピングモールです。

このショッピングモールサイトにはサイト別に様々な特徴(メリットとディメリット)があります。なので、どのモールにお店を出店するのかで売り上げは大きく変わってきます。

この記事では、日本で一番大きなショッピングモールサイトといわれている「楽天市場」の特徴を紹介したいと思います。

そもそも楽天市場とは?実際に出店するとどのくらい売れるの?

楽天市場は、楽天株式会社が運営する日本で最大級のインターネットショッピングモールです。楽天市場には約4万店以上のショップが出店し、2億5千万点以上もの商品が出品されています。
出品されている商品は食品、生活用品、ファッション、家電などの生活必需品から金融・保険商品までさまざまです。

また、楽天市場の流通総額は3.4兆円で国内第1位ですから、それだけ売れているショッピングモールサイトといえます。

楽天市場で商品を販売するメリットは?

まずは楽天市場に出店するメリットについて見てきたいと思います。

【メリット1】集客の必要なし?楽天は多くの顧客を抱えている。

楽天市場に出店するメリットといえば、まずはなんと言っても集客力の高さにあります。

楽天市場やYahoo!ショッピングといった認知度の高いショッピングモールサイトは、モール自体に集客力があるので、はじめて出店した場合でも比較的集客がしやすいと言えます。

なかでも、楽天市場は認知度の高さとブランド力から、その集客力は圧倒的です。

さらに、楽天会員数は1億にのぼり、その多くが楽天市場に買い物をしに来るので、集客には困らないショッピングモールサイトといえます。

【メリット2】信頼性につながる?認知度の高さが顧客に安心感を与える。

インターネットで買い物をする際、多くの人は信頼できるお店を選んで買い物をします。
信頼性というのはネットショップにとって非常に重要です。

楽天市場は誰もが知っているショッピングモールサイトなので、それだけでお客さんに安心感をあたえます。
また、実際に楽天市場は出店時の審査や模造品対策など、安心安全なモール作りへの取り組みも行っています。

そのため、「楽天市場に出店しているお店だから安心して買い物ができる」
と考えるお客さんも多くいます。

楽天市場自体への信頼がお店への信頼につながり、さらには購入率にも直結していきます。

【メリット3】楽天市場はサポートが充実。

楽天市場はサポート体制が充実している点も大きな魅力です。

サポート面についてはモールによって大きな差があります。
楽天市場では1店舗につき一人、専属のコンサルタントがついて、出店から運営までサポートしてくれます。

また、楽天市場では出店しているショップ向けに「楽天大学」という動画配信サービスも行なっています。ここではネットショップを運営していく上で必要な知識を学ぶことができます。

これらの他のモールサイトにはない、充実したサポートが受けられる点は楽天市場の大きなメリットです。

楽天市場で商品を販売するディメリットは?

ここまで楽天市場に出店するメリットについて見てきました。

では次に、ディメリットにはどのような点があるか見ていきましょう。

【ディメリット1】もちろん出店費用や販売手数料。

やはり他のモールサイトに比べて出店料、販売手数料などが高いという点が一番のディメリットかと思います。出店料などの基本料金以外のオプション手数料も比較的高額です。

また、広告を出す際やお店のページの作り込みをする際も費用が発生し、なにかすればお金がかかるという印象があるのも事実です。
楽天の出店プランは4つあり、プランによって金額が異なります。
楽天に出店する際はよく検討する必要があります。

【ディメリット2】各ジャンル、カテゴリで既に多くの出店企業が存在する。

楽天市場に出店しているショップは4万店以上と非常に多いので、ライバル店がすでにたくさんいます。
出店しても自分のお店がほかのライバル店の中に埋もれてしまう可能性もあります。
そうならないよう、他店との差別化を図るための対策をしっかりと考える必要があります。

また、お客さんは同じ商品であればより価格が安いお店で購入しますから、ライバル店の価格調査も大事になります。
同じ商品を扱うライバル店が多い分、価格競争がおきやすいという点もディメリットといえます。

【ディメリット3】楽天市場のルールに従う必要がある。

楽天市場に出店するので、楽天市場のルール・指示に従う必要があります。
楽天側からシステム利用料の変更やデザイン等の仕様変更を求められれば、それに従わなければなりません。
期限を設けられて急な変更を強いられることもあります。

また、デザインや機能にも制限があり、自社サイトに比べると自由度が利かないというディメリットもあります。
しかし、できることが限られているということは、逆にやるべきことがはっきりしていますから、初心者には向いているともいえます。

実際に楽天を運用してみて思ったこと

楽天市場以外にも、Amazon、Yahoo!ショッピング等の他のショッピングモールサイトにも出店していますが、実際に一番売れるのが楽天市場です。
出店料の高さは確かにディメリットではありますが、それを差し引いても他モールよりも利益がでます。

扱っている商品や店舗規模等、いろいろな要因が影響してくるので、一概にどこのモールがよいかを言えるものではないのですが、楽天市場に出店するメリットは大いに実感しています。

また専任のコンサルタントですが、定期的に担当は変わりますし、やはり相性もあります。
お店を運営していく上で、担当の見極めは大事ですし、上手な付き合い方を考えていく必要はあるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここまで楽天市場の特徴(メリット・ディメリット)について紹介してきました。

ショッピングモールサイト毎の特徴をよく理解し、自分に合ったモールサイトを選ぶことが、お店を成功させるための第一歩となります。
集客力や信頼性からみても楽天市場はおすすめのショッピングモールサイトです。

楽天市場は出店からサポートしてくれますので、出店がはじめての方でも安心して利用することができます。
ショッピングモールサイトへの出店をお考えの方は、ぜひ楽天市場への出店をおすすめします。

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST