アマゾン販売情報

アマゾン初期設定とは? 銀行口座、出品者情報、出品申請の登録方法編

勝マイケル
勝マイケル
アマゾン大口出品アカウントの取得がすむと、「アマゾンセラーセントラル」にログインすることができます。

「アマゾンセラーセントラル」とはアマゾンで販売をする業者が使う出品管理ツールになります。

商品の登録や在庫管理、注文管理、そしてデータの分析など、アマゾンで販売する際に関わる全てのことはこちらのツールで管理していきます。

アマゾンセラーセントラルにログインできれば、すぐに出品できるの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はいくつかの初期設定が必要です。

その中でも今回は銀行口座、出品者情報、出品申請について解説していきたいと思います。

アマゾンセラーセントラルで銀行口座情報を登録しよう

アマゾンの売上は銀行振り込みになりますので、売上を受け取る為にも、銀行口座の登録が必須になります。
銀行口座の登録画面はアマゾン大口出品アカウントの登録をする際にでてこないので、出品アカウント取得後、アマゾンセラーセントラルにログインしてから登録をしなくてはいけません。
設定方法は以下の通りです。

手順①アマゾンセラーセントラルトップ画面右上の「設定」から「出品用アカウント情報」をクリック。

手順②支払い情報という項目の中の「銀行口座情報」をクリック。

手順③銀行口座情報の右端にある「登録」をクリックすると、口座情報を入力する画面に進みます。
(銀行コード、支店番号等は銀行に直接聞くか、ネット検索でも調べることができます。)

補足
銀行口座をもしも変更したい場合。
既に登録した銀行情報を編集して変更することはできません。
新たに設定したい銀行情報を追加登録し、そちらを売上の受取口座として指定する流れに
なります。

アマゾンセラーセントラルで出品者情報を登録しよう

大口出品の場合、アマゾンが定めた「特定商取引法に基づく表示」が義務づけられています。

「特定商取引法に基づく表示」とは、代表者名、販売主体の名称、住所、電話番号等で、これらの記載は必須になります。
出品前に忘れず登録をしましょう。

特定商取引法に基づく表示の設定項目は「出品用アカウント情報」と「情報・ポリシー」の2か所にあります。
「出品用アカウント情報」は出品アカウント取得時に既に設定しています。
したがって、こちらでは「情報・ポリシー」の設定手順の説明をいたします。

手順①セラーセントラルトップ画面右上「設定」メニュ-から「情報・ポリシー」を選択。 次の画面の「出品者情報」をクリックします。

手順②「デザインビュー」のタブを選択し、「店舗運営責任者名」「会社名」「会社住所」「電話番号」の情報を枠内に明記し、「保存」をクリック。

情報不備があった場合は、アマゾンから指摘が入りますので、細心の注意を払いましょう。
万が一アマゾンからの指摘を受けた場合は、直ちに指示通りの修正をおこなってください。

くれぐれもアマゾンの指摘を無視したり、間違った情報を入力したままにすることのない様にしましょう。
そのような状態が続くと、最悪の場合アカウント停止の措置もありえます。

アマゾンセラーセントラルでカテゴリー申請をしよう

Amazonでは商品を登録する前に出品申請が必要なカテゴリーがあります。
これは申請が通れば出品できますが、申請が通らなければ出品ができない商品になります。

2017年11月まではアパレルやバッグ、シューズ等、他にも出品申請が必要なカテゴリーがありましたが、対象となるカテゴリーは変更されたようです。
2018年4月現在の最新の出品申請が必要なカテゴリーは以下の5つです。

  • アマゾン限定商品の出品
  • イタリア製品
  • ストリーミングメディアプレイヤー
  • ジュエリー
  • 時計

 

出品申請の方法は以下の通りです。

手順①セラーセントラルトップ画面上の「在庫」から「商品登録」をクリック。

手順②検索窓で出品したい商品を検索します。

手順③検索結果でその商品の「出品制限が適用されます」が表示されたら、リンクをクリック。「出品許可申請ボタン」をクリックすると、申請手続きが開始されます。

なお、出品予定商品の出品申請状況を確認するには、「商品登録」に戻り、「出品ステータス」をクリックすれば、確認ができます。

出品申請が必要なカテゴリーは変更されることもあります。
ですので、アマゾンセラーセントラルで常に新しい情報を確認するようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?
出品者アカウントを取得した後も、いくつか初期設定として、登録しなくてはいけない項目があります。

こちらのブログでもご紹介いたしましたが、万が一分からないことがあっても、アマゾンセラーセントラルでは「ヘルプ」から分からない項目について検索できたり、チャットや電話で分からないことを直接聞くこともできます。

このようなサービスを利用しつつ、まずはスムーズな出品ができるように、慌てず、一つ一つ確実に登録していきましょう。

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST