中国輸入の基礎知識

淘宝網(タオバオ)で商品を購入してみる

この記事ではタオバオでの商品購入方法を紹介します。

タオバオは世界最大級のネットショッピングサイトで、店舗数250万、会員数5億人を誇ります。

社名の淘宝は「見つからない宝物はない、売れない宝物はない」という意味ですね。

買い方もポイントを押さえれば、ネット通販と同じくらい簡単です。もちろん値段は中国価格。

あなたがタオバオから仕入れることが出来れば、大きな利幅が取れるようになります。

では、手間はどうなのか。そういった部分も含めて紹介をしていきますね。

タオバオの商品ページについて

タオバオのトップページを日本にしておくと、金額が日本語表記に

タオバオの商品ページを見るにはトップページより確認ができます。

また、世界中に利用者がいるので、各国の通貨で価格を見る事が出来ます。

タオバオのトップページは下記のリンクよりどうぞ。

タオバオのトップページ

 

商品が円表示に

だいたい商品画像でイメージが掴めて値段が分かるのですが、さすがに漢字だらけで難しいですよね。

GoogleChromeをお使いの場合は機能拡張で翻訳を使うと便利です。

翻訳ボタン ページを翻訳

見たいページで画面右上にある「翻訳マーク」をクリックすると2枚目の画像が出てきます。

そこで「このページを翻訳」をクリックすると以下のようなページになります。

日本語訳だけでもかなり理解できる

日本語訳するだけでもかなり見やすいですね。

また値段の表記にビックリします。

ちなみに¥とありますが元です。

2019年7月22日時点だと1元=15.69円ですので円で計算する必要があります。

まずは商品ページで見てみましょう。

タオバオ商品ページ

¥表示の下に「JPY」と書かれています。

こちらの方が分かりやすいですね。

あわせて商品ページの見方も記載しております。

内容は普通のネットショッピングと大きく変わりません。

輸入したい商品の探し方

商品の探し方は大きく2種類です。

  • ジャンルから調べていく
  • キーワード検索で調べる

ジャンルから見ていきましょう。

トップページ左側がジャンルです。

ここから、細かく見てゆき「これは売れそうだな」と思って深堀りしていく方法がありますね。

もう一つはキーワード検索です。

Amazonや楽天市場で買い物をするのと同じですね。

買い方については数回すれば慣れます。

商品の数が膨大ですので、商品探しは輸入販売の醍醐味として楽しみながらやっていきたいところです。

商品購入までの流れ

タオバオに出店している業者は中国の企業です。

ですので、海外発送に手慣れている企業はほとんどありません。

日本で考えると楽天市場を思い出すと良いかも知れません。

「中国向けの発送はこちら」「アメリカ向けの発送はこちら」と書かれたページを私は見たことがありません。

タオバオで出店している企業も同様ですね。

では、どうやって発送して貰おうかというと輸入代行業者へ依頼するのがオススメです。

輸入というのは通関手続きも含めてですので、プロに任せる必要があります。

手順はかんたんで通販の買い方と同じです。

  1. タオバオで商品を選ぶ
  2. 輸入代行業者にURLを指定して、数量、色等の情報を指定して注文
  3. 輸入代行業者が検品、発送をおこなう
  4. あなたの自宅に商品が届く

これは値段次第でお試しをしてみたくなりますね。

いろいろな輸入方法はあるのですが、まだまだ分からない部分がある中国とのやり取りを考えると、私としては輸入代行業者へまるっとお願いをする事をオススメします。

タオバオを使って輸入しようとするのは、すでにビジネスとしてしっかり動き出しているという事。

取り扱いできる商材も大幅に増えます。

まずは手軽に輸入代行業者を利用して、あなたのリサーチ時間などにあてる。

こういったスピード感を持って仕事が進めることができます。

商品購入時の注意点

サイトのデザイン等は非常に見やすく、通常のネットショッピングのように見えます。

しかし、外国からの輸入という事はしっかり覚えておく必要があります。

大きな注意点としては以下のもの。

  1. 粗悪品の可能性
  2. 日本に送れない商品もある
  3. 電化製品

念のため一つずつ見ていきましょう。

①粗悪品の可能性

タオバオの一番の利用者は国内の中国人です。

商品の質もかなり上がってきましたが、まだまだ混合玉石です。

あまりに安すぎるものなどは、少し調べる等はしたいですね。

②日本に送れない商品もある

個人では輸入ができないものもあります。

例えばですが、以下のようなもの。

  • 食べ物
  • 土・特定の植物
  • 化粧品など直接肌につけるもの

気を付けたいですね。

③電化製品

法律的に問題があるものもあります。

たとえばモバイルバッテリーの発火で問題となったPSEマーク等ですね。

2019年2月1日より法改正でPSEマーク対応の商品でないと販売ができなくなりました。

ヨドバシカメラなど大手家電量販店でも急ピッチで在庫を出していたのを覚えています。

自分の得意分野以外はしっかりしたリサーチをしたいですね。

まとめ

まとめると以下のようになります。

  • 商品ページは文字翻訳を使うと便利。また¥とあるが、JPY(日本円)を確認すること
  • 商品を探す際は「ジャンルから調べる」「キーワードから調べる」の2種類が便利
  • タオバオから商品を輸入するときは、輸入代行業者を使おう
  • 購入時にはモバイルバッテリーなどの例があるため、得意分野以外はしっかりしたリサーチをしよう

慣れるまで手間がかかりますが、小口から輸入できて利幅が増えるのは大きな魅力

まずはタオバオを使って中国輸入にチャレンジしてみましょう。

オススメ記事

中国輸入代行業者を選ぶ際に見るべきポイント3選。 中国輸入代行業者なしで中国輸入ビジネスが成り立たない理由とは 中国輸入代行業者を選ぶ際のポイントについてご紹介する前に、まずは中国...
タオバオ輸入仕入れって安全なの?中国サイトからの商品購入について。中国輸入に挑戦しているみなさんは商品をどのように仕入れていますか? また、これから中国輸入に挑戦したいと考えている人はどうでしょう...
中国輸入ビジネスとは?輸入代行業者が教える中国輸入の魅力をご紹介。 中国輸入ビジネスが副業として注目される理由。 中国輸入ビジネス、とりわけ 転売ビジネスは副業として近年人気を集めています。 ...

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST