中国輸入ビジネス

楽天市場に出店準備する前に知っておくべき3つのポイント

勝マイケル
勝マイケル
楽天市場は国内最大級のショッピングモールサイトです。
これから楽天市場へ出店しようと検討している方もいらっしゃると思います。

楽天市場は高い集客力があるモールですが、どの店舗でも楽天市場に出店さえすれば必ず売れるお店になるというわけではありません。
出店して売り上げを伸ばすためには、モールサイトの特徴を理解した上で、出店準備をする必要があります。

ここでは、楽天市場に出店準備をする前に知っておきたい特徴をみていきたいと思います。

楽天市場の特徴3選。大きな特徴をみてみよう。

出店にあたり、知っておきたい特徴は以下の3つです。

  1. 楽天市場は出店形式
  2. 複数の出店プランからお店に合ったプランを選べる
  3. 開店には審査がある

それでは、それぞれの特徴について詳しく見ていきます。

楽天市場はAmazonと違い自社ショップのカラーが出せる出店形式

まず一つめの特徴「楽天市場は出店形式」について見ていきましょう。

楽天市場とともに代表的なインターネット上のショッピングモールサイトがAmazonです。
どちらも大きな集客力のあるサイトですが、出店形式は大きく異なります。

楽天市場の出店形式とAmazonの出品形式とは?

Amazonが「出品型」なのに対して楽天市場は「出店型」という大きな違いがあります。
どのような違いがあるかと言いますと、Amazonの出品型は、Amazonという一つのショッピングモールサイトに複数の店舗が商品を「出品」する形をとります。

一方、楽天市場の出店型は、楽天市場というショッピングモールサイト上にスペースを借りて店舗を「出店」する形です。

もう少し詳しくみていきます。

出店型と出品型、それぞれの特徴は?

出品型モールは販売する店舗の顔が見えづらいという特徴があります。
Amazonを例に見てみます。
Amazonは商品ページのフォーマットが決められているので、自由にページをデザインすることができません。
商品ページからお店の特徴が見えないため、Amazonで商品を購入したお客さんは、Amazonから購入した印象が強く店舗から購入した感覚がありません。

一方、出店型モールの場合、商品ページを通してお店をアピールすることができます
楽天市場の場合、比較的自由に商品ページをデザインすることができます。
お店の特色を出した商品ページにすることで、商品を購入したお客さんに、楽天市場に出店しているお店から商品を購入したという感覚を持ってもらえます。

楽天市場の出店形式から得られるメリットとは?

楽天市場とAmazonを例に見てきましたが、出店型と出品型の違いはお分かりいただけたでしょうか。

出店型はお店の特色を商品ページに反映することができます。
商品ページを通してお店を十分にアピールし、お店のファンとなってくれるお客さんを増やすことができます。

また、お客さんにお店を良いと思ってもらうことができれば、目当ての商品以外の商品も目に留めてもらうことができると言えます。

次に2つめの特徴「複数の出店プランからお店に合ったプランを選べる」について見ていきます。

楽天市場は選ぶ出店プランによってランニングコストが変わる

楽天市場に出店する際、基本的なコストとして以下が発生します(料金はすべて税別表示)。

・初期登録費用:60,000円
・月額出店料: 19,500円~100,000円
・システムサービス利用料
・楽天ペイ(楽天市場決済)利用料

上記のうち、初期登録費用と月額出店料(1年分または半年分)が契約時に初期費用として必要になります。システムサービス利用料と楽天市場決済利用料が毎月かかる費用になります。

システムサービス利用料金には以下が含まれます。

・システムサービス利用料(売り上げに対する手数料)
・楽天スーパーポイント
・モールにおける取引の安全性・利便性向上のためのシステム利用料
・楽天スーパーアフィリエイト
・R-Chat月額固定費

この基本コスト以外にも、広告費やオプションサービス利用料などの費用が利用状況によって必要になります。

楽天市場の4つのプランとは?

楽天市場には以下の出店プランがあります。

・がんばれプラン
・スタンダードプラン
・メガショッププラン
・ライトプラン

楽天市場に出店する場合、出店プランをこの4つの中から選びます。
出店プランによって、費用の他に登録可能商品数・画像容量の上限が異なります。

次の項目でそれぞれのプランの特徴をみていきます

プランの特徴を見てみよう

【がんばれプラン 月額19,500円(税別)】
・一年契約
・月額の基本料が割安なプランです。

【スタンダードプラン 月額50,000円(税別)】
・一年契約
・楽天がおすすめするプランです。月額の基本料はがんばれプランよりも高いですが、システム利用料は売り上げが上がるごとに割安になります。目安の月商は132万以上です。

【メガショッププラン 月額100,000円(税別)】
・一年契約
・このプランは、登録可能商品数無制限、画像容量無制限が特徴です。制限なく商品登録がしたい大規模店舗向けのプランです。

【ライトプラン 月額39,800円(税別)】
・3か月契約
・月額基本料、システム利用料共に一番割高なプランです。3か月で成果は感じにくいので、期間限定ショップに向いているプランです。

楽天のプラン診断を利用しよう

出店プランの特徴をみてきました。
出店プランによってランニングコストも変わります。
「自分のお店はどのプランにするのがいいか。もっと具体的な料金が知りたい。」

そんな時は、楽天市場の出店・開業案内ページの「おすすめプラン診断」と「月額費用シミュレーション」を利用してみましょう。
出店プランを診断し、出店後のランニングコストを計算してくれます。
出店前に利用して、出店コストを具体的にイメージし、出店準備に役立てましょう。

次は3つめの特徴「出店前に審査がある」について見ていきます。

楽天市場に出店するためにはどのような審査があり、どのくらい時間がかかるのかを見ていきます。

申込から開店まで。必要な準備期間と審査について知っておこう

開店までに必要な期間

楽天市場に出店するには、楽天独自の出店審査を受ける必要があります。
申込から審査、必要な手続きが完了するまでに目安として2週間~1ヶ月そこから店舗作成~開店まではさらに2週間~1ヶ月がかかります。
ページを作り込む場合はさらに日数がかかります。

楽天市場の出店審査とは?

楽天市場に出店するためには「出店審査」と「開店前審査」の2つの審査を受ける必要があります。
これらの審査には申請書類や許可証など、様々な書類の提出が必要となります。システム利用料金は出店審査に通過した時点から発生してしまうので、開店までに時間がかかり過ぎないよう、あらかじめ必要なものは準備しておくようにしましょう。

ここまで楽天市場に出店するにあたって知っておきたいことを見てきました。
最後に、楽天市場に出店する際の注意点を挙げておきます。

楽天市場で出店する際の注意点とは?

楽天市場に出店する際は以下の点にも注意が必要です。

【運営事業者について】
AmazonやYahoo!ショッピングは副業、個人でも出店が可能ですが、楽天市場は副業、個人での出店は難しくなっています。法人または個人事業主に限り出店が可能です。

【取り扱い商材について】
取り扱いが禁止されている商材や、販売許可や事前の書類提出が必要な商材もあります。
出店案内のページや資料を事前によく確認しましょう。

【禁止事項について】
楽天市場では、以下の行為を厳しく禁止しています。

〇外部リンク
楽天市場の店舗ページ内に、楽天市場外部へのリンクを貼ることやURLを記載する行為。

〇課金回避行為
店舗ページやR-Mailに「メール、電話、FAXでも注文を受け付ける」と表示するなど、システム利用料等の課金を回避 することを目的とする行為。

〇サクラ行為
店舗関係者による自店のレビューへの投稿、ユーザーに混乱や誤解、迷惑を与える行為。

まとめ

いかがでしたか?

楽天市場は集客力のあるショッピングモールサイトではありますが、正直どんな店でも売れるというわけではありません。

まずは楽天市場の特徴をよく理解し、費用はもちろん、商品ページの作り込み等もしっかりと準備しておくことが必要です。

楽天市場への出店は片手間でできることではありません。
お金と時間がかかることなので、計画的に行いましょう。

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST