オリジナルOEM製造

中国輸入OEMで完成したオリジナルブランドの認知度を上げる為のポイント3選

勝マイケル
勝マイケル
「中国輸入でOEMをしてオリジナルブランド商品をつくること」は今後の中国輸入ビジネスにおいて欠かせないことです。

しかし、オリジナルブランド商品を作り販売したからといって、すぐに爆発的に売れるかといえばそれは違います。
なぜなら、皆さんのオリジナルブランドは、まだ世間ではその存在が知られていないただの無名ブランドの1つにすぎないからです。

このように無名の状態から一体どのようにして皆さんのオリジナルブランド商品を売っていけばいいのか?
そのためには自分たちのブランドはこういうブランドだということを消費者にわかってもらい、その良さを知っていただく必要があります。

そこで今回は皆さんのオリジナルブランドを消費者に知っていただくために、最低限必要な3つのポイントについてご紹介いたします。

OEMオリジナルブランドの認知度を上げるために必要なポイント3選

どんなブランド商品であろうと、はじめは無名の状態からスタートします。
そこから徐々にブランドを育てて売上を上げていくために、自身のブランドを世の中の人々に知ってもらい、ブランドのファンを作って行かなくてはいけません。
そこで欠かせないポイントが以下の3つになります。

  • OEMオリジナルブランド商品は消費者のニーズに合致しているのか。
  • OEMオリジナルブランド商品は、市場の相場に見合った値段で販売されているのか。
  • OEMオリジナルブランド商品自体が新規開拓製品なのか、それとも既製品の焼き直しなのか。

それぞれどういうことなのか、もう少し具体的に見ていきしょう。

OEM商品の認知度をあげるため。消費者のニーズを掴んだ商品にすべし

では早速一つ目のポイントから見ていきましょう。

OEM製品は消費者ニーズを掴んだ商品でないと見向きもされない

OEMをしてオリジナルブランド化しようとしている商品が消費者のニーズと合っているか見極めることはとても大切です。
なぜなら、万が一オリジナル商品と消費者のニーズがあっていなかったら、商品検索自体されず、まったく売れないという最悪の事態になりかねないからです。

こうなっては、せっかくの苦労が水の泡です。
そうならないためにも、「まずは消費者のニーズをつかんだOEM製品を完成させる。」
皆さんのオリジナルブランドを世の中の人々に知ってもらうためにこのポイントは決して忘れないようにしてください。

OEM商品の売行きが悪い。アマゾン評価から商品の改良点をみつけよう

そして、OEM商品が完成しアマゾンで販売を開始したら、常に商品の売行きに目を配り、日々の結果分析もしましょう。

もし万が一アマゾンの販売件数に伸び悩むのであれば、お客様からの評価などを参考になぜ売れないのか理由を探し、オリジナルブランド商品の改良に勤めましょう。

消費者ニーズと一致しないOEM商品はあきらめることも大切です

また、OEMをしてどんなオリジナルブランド商品を作ろうかリサーチしている際、気になる商品が消費者とのニーズにずれがある場合、
また、はじめはニーズがありOEMしてオリジナルブランド化して作った商品が販売していくうちに徐々に消費者ニーズとのズレが生じ売れなくなった場合は、思い切ってその製品をあきらめるという選択も時として必要です。

OEM商品成功のためにお客様に喜ばれる商品づくりを常に意識しよう

中国輸入でOEMをしてオリジナルブランド商品を作る際は常に消費者のニーズを第一に考える。
これは皆さんのブランドを知っていただくために必ず行うべきことで、必要なことです。

さらに「常にお客様に喜ばれるより良い商品づくりを行っていく」こういった姿勢を持つことで、多くのかたに自身のブランドを知っていただくだけではなく、消費者から信頼されるブランドへと成長するのだと思います。

OEM商品の認知度をあげるため。市場相場に見合った価格設定にしよう

OEMオリジナルブランド製品にいくらの値を付けるのか。
この商品価格も皆さんのオリジナルブランド商品を広く知っていただくためにはとても大切なポイントとなります。

では具体的にはどういったことなのか、早速見てみましょう。

OEM製品は市場相場と合わせた妥当価格を設定しよう

オリジナルブランド商品だからといって、やたらと高い値段をつけて市場価格と大きく差が開くことがあってはいけません。
皆さんのブランド商品をより多くの消費者の方に見てもらうためには、その商品に見合った値段かどうかということもとても大切になってきます。
どういうことなのか、具体例を使っていきましょう。

無名から始まるオリジナルブランドは価格次第で消費者からそっぽを向かれる

例えば腕時計のOEM製品をアマゾンで販売していると仮定しましょう。
腕時計の市場相場を調べてみると、高級ブランドの高額商品からノンブランドの安価な時計まで様々です。

だからといって、自分のオリジナルブランド時計にいきなり高額時計と同じような価格をつけて販売したらどうなるでしょう。
簡単に想像できると思いますが、これでは売れませんよね。

オリジナルブランドとはいえ、残念ながら世間では無名ブランドです。
見慣れないブランドだけど、とても高い。
そんな商品を出したら、かえって消費者を遠ざけてしまうなんてことになりかねません。

OEM商品を広めるために。妥当な値段設定で世の中に知ってもらおう

そうならないためにも、市場調査をしっかり行い、ご自身のオリジナルブランド商品はいくらであれば買っていただけるのか、確実な根拠のもとに、なおかつお客様目線でご自身のブランド商品に妥当な値段をつけましょう。

「この商品価値ならこの値段が当然だと消費者に納得してもらえるような商品をつくる」
最低限このポイントを意識することが、みなさんのオリジナルランドを色々な人に知っていただく第一歩につながるのだと思います。

新規OEM商品か既製品アレンジのOEM商品かで認知度をあげる為の行動が違う

オリジナルブランド商品でも、それまで市場に出回っていなかった完全なる新規開拓商品かそれとも、既製品に手を加えたオリジナルブランド商品なのかによって、自身のブランドを広めるために取るべき行動が変わってきます。

ではどのような行動をとるべきなのか、新規開拓商品のオリジナルブランド商品の場合と既製品からオリジナルブランド商品の場合に分けてそれぞれ見ていきましょう。

OEM新規開拓商品は少数投入で売行きと仕入時期を注視しよう。

もし、それまでの市場で売ってなかった商品で完全なる新規開拓商品である場合、たとえ入念なリサーチから明確なターゲット層を絞れたとしても、最初の出品数は少量にとどめましょう。

なぜなら実際に売ってみると結果が大きく違うことも想定できるからです。
もちろんしっかりリサーチを行っていれば、ある程度売れると思いますが、実施に売ってみると想像していた結果より悪かったといったこともありえます。

まずは実際の販売から商品の動きを注意深くみながら、素早い判断と対応をしていきましょう。
売行きがよいのであれば、売り逃しがないようにタイムリーな仕入れをする。

ダイレクトにブランド認知度を上げることにつながるわけではありませんが、最適な商品量を見極め、仕入れることはとても大切で、これが売り上げにつながり、ブランドを大きくすることにもつながっていきます。

既製品から作るOEM製品は斬新なアイデアでターゲット層からの注目を集めよう

一方で既製品に手を加えてオリジナルブランド商品を作った場合、すでに存在し、売り上げも見込める商品であるはずなので、新規開拓商品に比べてもう少し売りやすくなるかもしれません。
ただ、そういった商品は多くのライバルが目を付けているということも考えられます。

したがって既製品のロゴを変える、または、デザインをマイナーチェンジするなど誰もが思いつく方法では、ライバルの参入を完全にシャットアウトすることはなかなかむずかしいでしょう。

既製品をオリジナルブランド商品として販売するのであれば、誰もが思いつく手法ではなく、斬新さや思い切ったアイデアをもって、消費者の目を引く商品を生み出していきましょう。

そうすることで、ニーズのあるターゲット層への良いアプローチとなり、みなさんのオリジナルブランド商品を知っていただくきっかけとなるでしょう。

最後に

いかがでしたか?
中国輸入OEM市場で成功するために、アマゾンユーザーに限らず、多くの消費者に自身のオリジナルブランド商品を理解してもらい知ってもらうことが不可欠です。

まずは先ほど挙げた3つのポイントを意識しながら、どんな商品が求められ、どういった商品がお客様に喜ばれるのか、常にお客様目線で考え生み出していきましょう。

その積み重ねが、オリジナルブランドのファンづくり、お客様からの信頼、そして、良い結果へと結びついていくのではないかと思います。

あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡

 

RELATED POST