クレジットカード

ジャパネット銀行のメリットデメリットと口座開設方法とは?

勝マイケル
勝マイケル
みなさんジャパネット銀行をご存知ですか?
ジャパネット銀行はネット銀行の中でも、その名が知れた有名銀行の一つで、三井住友系の老舗ネットバンクになります。
このジャパネット銀行。
どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのか。
また、口座開設したい場合、どうすればいいのか?
今回は主にこの3点からジャパネット銀行の特徴を説明したいと思います。

ジャパネット銀行のメリットデメリットは?

手軽に口座開設ができるジャパネット銀行ですが、いいところもあれば、正直ちょっとなあと思うところもあります。
では、一体どんなメリットデメリットがあるのか?
私自身もこちらの口座を持っていますが、自分なりに思うジャパネット銀行のメリットデメリットについてそれぞれお話ししていきたいと思います。

ジャパネット銀行のメリット3選とは?

まずジャパネット銀行のメリットを見てみましょう。
具体的なメリットは以下の3つです。

メリット

  1. 普通預金の金利が少し高く、毎月利子がもらえる
  2. ヤフオクのかんたん決済手数料を無料にできる
  3. ジャパネットキャッシュカードはデビットカードと一体型。便利な機能が魅力

ジャパネット銀行のデメリット3選とは?

次にジャパネット銀行のデメリットを挙げてみましょう。

デメリット

  1. ジャパネット銀行はどの銀行への振り込みも振込手数料がかかる
  2. ATMでの引き落とし手数料無料は1回のみ。2回以降は条件次第で手数料有になる。
  3. 定期預金の金利はあまり高くない

では、ジャパネット銀行のメリットデメリットについてもう少し掘り下げて見ていきましょう。

ジャパネット銀行普通預金口座の金利はちょい高。毎月の少額利子もうれしい特典。メリットその①

ジャパネット銀行の普通預金口座の金利は他の銀行に比べて少し高めの設定になっており、さらに預ける金額によって金利の率が高くなります。

残高が100万円未満の場合の金利は0.01%
残高が100円以上の場合の金利は0.015%

また、ジャパネット銀行の普通預金口座にお金を預けると、毎月少額ではありますが、利子が振り込まれます。
低金利の今のご時世、微々たる金額であっても、毎月利子が振り込まれるのはなんだかうれしくなりますよね。
もし、個人としてではなく、法人としてジャパネット銀行を利用するなら、扱うお金の単位も違ってくるので、さらなる利子を受け取ることができます。

ジャパネット銀行の口座があるとヤフオクのかんたん決済手数料が無料になる  メリットその②

ヤフーオークションで商品を落札すると、かんたん決済というサービスを使うことができます。

ヤフオク『かんたん決済とは?』

ちなみにかんたん決済について説明すると。。。
かんたん決済を使うと、相手に口座情報やクレジット番号を教えることなく、代金の支払いができます。
また落札者が商品受け取り完了の通知をしてから出品者に商品代金がわたるという安心なサービスになります。

ジャパネット銀行に口座があるとかんたん決済手数料が無料になる。

安心してヤフオクでのショッピングを楽しむには『かんたん決済』の利用がおすすめとなりますが、もしジャパネット銀行に口座を持っていればこのサービス手数料を1円も払うことなく利用できます。
したがって、もしヤフーオークションをよく利用するのであれば、ジャパネット銀行の口座を作ることは必須だと思います。

とにかく便利。ジャパネットのキャッシュカードはデビットカードと一体型 メリットその③

ジャパネット銀行で口座を作るとデビットカードの機能のついたキャッシュカードが送られてきます。

デビットカードとは?

デビットカードって何?という方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると。

デビットカードとは、会計と同時に購入した商品代金が銀行口座から引き落とされる仕組みを持つカードになります。

クレジットカードは商品代金の支払いは後になりますが、デビットカードは即座に代金が引き落とされ、なおかつ銀行口座に預けているお金以上にカードを利用することが出来ないので、カードの使い過ぎを心配する必要がありません。
あくまで預けている金額内でしかデビットカードは利用できません。

ジャパネット銀行で審査不要のVISAデビットカードが作れる

ジャパネット銀行で作るデビットカードは審査不要でしかも利用できる店舗の範囲が無限にあるVISA系のカードになります。
これはとてもありがたいですよね。

クレジットカードが作れない高校生以下の方はもちろん、諸事情でクレジットカードが持てない方も、デビットカードなら持てる可能性があるのです。

ただこのジャパネット銀行デビットカードを使いたいのであれば
、口座にお金を預けることが前提となります。
また、デビットカードを頻繁に利用するのであれば、ジャパネット銀行の預金残高には気を付けましょう。

ジャパネット銀行デビットカードはどこで使える?

ジャパネット銀行のデビットカード一体型キャッシュカードはVISAのマークがついているお店であれば、どこでも使うことできます。
また、ネットショッピング利用時でも、VISAのマークがあれば、デビットカードに記載されている番号を入力すると、クレジットカード同様ネットショッピングでも利用できます。
なお支払い回数は一括払いのみです。
(デビットカードをネットショッピングで利用の場合、商品代金は即日引き落としされる)

ジャパネットデビットカードは海外でも便利。海外ATMで現地通貨の引き出し可能。

ジャパネット銀行のデビットカードにはさらに便利な機能がもう一つついています。
それは、海外のATMで現地通貨の引き出しが可能だということです。
この機能は、良く海外に行かれる方にとってはとても便利な機能だと思います。

多めに現地通貨の両替をして持って行ったとしても、足りなくなることはよくあります。
そうなると、普通であれば両替所に行かなくてはいけませんよね。
しかし、ジャパネットのデビットカードがあれば、ATMで現地通貨を引き出すことができるのでそういった面倒な手間も省けます。

デビットカードを使って現地通貨を引き出した際に発生するコストは、現地通貨単位を日本円に換算する際のコスト3.02%のみで、通貨出金手数料は無料となります。(一部除外ATMあり)

ジャパネット銀行のデメリットとは?

では続いてジャパネット銀行のデメリットについて見ていきましょう。

ジャパネット銀行はどの銀行への振り込みも振込手数料がかかる デメリットその①

同じ銀行同士の振込であれば振込手数料が無料になる銀行もありますが、ジャパネット銀行は残念ながらどんな振り込みでもその手数料は有料です。
振込手数料の内訳は以下の通りです。

(インターネットバンキングでの振り込みの場合)

  • ジャパネット銀行同士の振込⇒振込手数料54円
  • 他行宛3万円未満振込⇒振込手数料172円
  • 他行宛3万円以上振込⇒振込手数料270円
  • 個人としてジャパネット銀行口座を使っている場合、この振込手数料は住信SBIネット銀行やソニー銀行など他のネットバンクに比べてちょっと高く感じるかもしれません。
    しかし、ジャパネット銀行は法人口座でも同じ振込手数料になるので、法人利用の場合はお得だと思います。

    ジャパネット銀行ATM引落とし手数料無料は1回のみ。2回目以降は条件次第で有料になる。デメリットその②

    ジャパネット銀行で預けているお金をATMでおろす場合の手数料も気になるところですよね。

    銀行によっては平日の現金引き出し手数料が無料という銀行もありますが、ジャパネット銀行は少し違います。

    ジャパネット銀行の場合、いくら下ろそうが月1回は引き出し手数料が無料になります。
    しかし、2回目以降は3万円未満の引き出しの場合は、1件につき162円の手数料が発生します。
    (ただし、3万円以上の現金引き出しであれば、2回目以降であっても手数料は無料です。)
    したがって、ATMでジャパネット銀行にあずけているお金をおろす場合、3万円以上であれば損をすることはありません。

    ちなみに

  • セブン銀行
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三井住友ATM
  • 以上の5つのATMでジャパネット銀行に預けているお金をおろすことができます。

    ジャパネット銀行定期預金の金利はあまり高くない デメリットその③

    ジャパネット銀行は他行のネットバンクに比べて、定期預金金利はあまり高くありません。

    ジャパネット銀行定期預金金利の一例を挙げると。

    ジャパネット銀行12か月100万円以上定期預金  0.02%

    楽天銀行100万円以上の定期預金         0.11%
    ソニー銀行100万円以上300万未満の定期預金   0.15%

    一部の情報になりますが、他行と比較しても定期預金金利が少し低いのかなと感じますよね。
    もし定期預金を考えるのであれば、他行に預けるほうがいいでしょう。

    ジャパネット銀行で口座を開くには?方法を紹介。

    ジャパネット銀行は満15歳以上のかたであれば、口座申し込みが可能で、未成年の方でも親権者の同意なしで口座開設ができます。
    しかも申し込み手続きはシンプルかつ簡単なのもうれしい限りです。
    では、口座開設するためにどのようにすればいいのか。
    その方法を簡単に紹介しましょう。

    ジャパネット銀行口座開設申請はWebもしくはスマホから簡単にできます

    まずWeb申し込みの場合、以下のURLから口座開設をクリックし、必要事項を入力すれば申請が完了です。
    https://www.japannetbank.co.jp/account/index.html?cr=top_oc01

    また、スマホからも口座申し込みが可能です。
    iPhone、アンドロイドそれぞれの専用アプリをダウンロードし必要事項を入力し、運転免許書、カード型保険証、マイナンバーカードいずれかの画像を送信すれば口座申し込み完了となります。

    申請に不備などなければ最短で5日で口座開設が可能の様なので、急ぎで作りたい方にもとってもありがたいですね。

    勝マイケル
    勝マイケル
    いかがでしたか?
    今回はジャパネット銀行の特徴と口座開設方法について見ていきました。
    ジャパネット銀行を利用してみて個人的に思うメリットデメリットについてご紹介しました。
    良し悪しはありますが、このブログをみてジャパネット銀行について興味を抱いた方はジャパネット銀行公式ホームページもチェックしてみてください。
    https://www.japannetbank.co.jp/

    あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

    どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡