Yahoo!ショッピング

ヤフー?楽天?アマゾン?ショッピングモール別出店手数料まとめ

勝マイケル
勝マイケル
インターネットショッピングモールの勢いが増す近年。
このブログをご覧いただいている方の中で、ECサイトへの出店を考えている方もいるのではないでしょうか?
でも、いざ出店するとなると、出店手数料は一体どれぐらいかかるのか気になりますよね?
そこで今回は日本で有名なインターネットショッピングモールである、アマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピング、それぞれの出店手数料について紹介していきたいと思います。

アマゾンの出店手数料はいくらかかる?大口出品の出店手数料を紹介!

日本に限らず世界的に有名なアマゾンですが、そこで出店する場合の手数料はどれぐらいかかるのか、早速見ていきましょう。

アマゾン大口出品と小口出品の特徴を簡単に振り返ろう。

アマゾンには大口出品と小口出品と出品形態が2つあり、どちらを選ぶかでかかる出店手数料は変わってきます。
そこで、まずはアマゾンの大口出品と小口出品の違いを振り返りながら、アマゾンの出店手数料を紹介していきたいと思います。

アマゾン大口出品と小口出品の特徴はそれぞれ以下の通りです。

アマゾン大口出品

  1. 出店手数料=月額固定費4900円(税抜き)+注文成約時に掛かる販売手数料を支払う。
  2. 出品数や商品カテゴリーは無制限でデータ分析レポートが利用可能
  3. 大量の商品の出品が可能
  4. オリジナル商品の出品も可能

アマゾン小口出品

  1. 出店手数料=1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時に掛かる販売手数料がかかる。
  2.     

  3. 大口出品で使えるツールが使えない。
  4. 商品は1点ずつ登録する必要あり。
  5. アマゾンですでに出品されている商品のみ出品可能

このように大口出品、小口出品には出品できる商品や使えるサービスに大きく違いがあります。
ちなみに我々ワールドマートはアマゾンで出品する場合、大口出品をお勧めしていますので、ここでは大口出品の出店手数料を紹介していきます。

アマゾン大口出品に掛かる月々の出店手数料はいくら?その内訳を紹介します。

アマゾン大口出品の出店手数料はどれぐらいかかるのか、その内訳についてもう少し詳しく見ていきましょう。
アマゾン大口出品の場合に発生する諸経費は以下の通りです。

出店手数料まとめ ①
  • 月額固定費として¥4900(税別)の登録料
  • 注文成約時の販売手数料
  • カテゴリー成約料
  •   (本、ミュージック、ビデオ、DVDのいずれかのカテゴリー商品が売れた場合)

    ※画像はアマゾンより抜粋
    https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html#pro_fee_example

    またこれ以外にアマゾンが梱包・発送を代行してくれるサービス、FBA(フルフィルメント バイ アマゾン)を利用する場合は、その諸経費の支払いも必要になってきます。

    アマゾン大口出品に掛かる商品成約料やカテゴリー成約料とは?詳しい率料を紹介します。

    アマゾン大口出品で支払う出店手数料には月額固定費以外に以下の2つの費用が発生します。

  • 商品の注文が成立した際に支払う『商品成約料』
  • ある特定のカテゴリ―の商品注文が成約した場合に発生する『カテゴリー成約料』
  • それぞれの内容は以下の表のとおりです。

    商品成約料の料率についての画像

    出店手数料まとめ ②

    画像はアマゾン公式ホームページを参考に作成
    公式サイトhttps://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html#Ref_Fee

    アマゾンの出店手数料の一つである販売手数料は8%、10%、15%、45%と商品カテゴリーにより変動し、また図の備考欄のようにカテゴリ―の中でも特定の商品の場合、販売手数料の割合が変わるものもあります。

    では、次に一部の商品カテゴリ―に発生するカテゴリー成約料の内訳を見てみましょう。
    詳しくは以下の通りになります。

    出店手数料まとめ ③

    画像はアマゾン公式ホームページを参考に作成
    https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html#Ref_Fee

    カテゴリー成約料はご覧いただいた通り、限定されたカテゴリーだけに発生する費用で、中国輸入ではなかなか取り扱わない商品群になります。
    したがって、カテゴリー成約料に関してはこういったものがあるという知識だけ持ってい頂けると良いと思います。

    楽天市場は4つの出店プランあり。プランによって変わる出店手数料とは?

    では、次に国内大手のインターネットショッピングモールである楽天市場の出店手数料を見ていきましょう。
    楽天市場は以下の通り4つの出店プランが用意されており、選択するプランによって出店手数料が大きく変わってきます。

    楽天市場4つの出店プランの特徴とは?

    楽天市場の出店手数料を見る前に、まずは4つのプラン名と簡単な特徴を紹介しましょう。

    がんばれプラン
    ⇒月額出店料が割安に抑えられるのが大きな特徴です。
    特にインターネットショッピングサイト運営初心者の方におすすめのプランといえます。

    スタンダードプラン
    ⇒ランニングコストが比較的割安なのが特徴のプランです。
    ある程度まとまった月商を狙うけど経費を抑えたい方にお勧めです。

    メガショッププラン
    ⇒登録可能商品数や画像容量が無制限のプランなので、たくさんの商品を扱いたい方にはおすすめです。

    ライトプラン
    ⇒契約期間が3か月と短いので、特に販売期間が短い商品等を扱う方に適したプランです。

    楽天市場4つのプランの出店手数料を図から見てみよう。

    楽天市場4つのプラン名をお分かりいただけたかと思うので、次にそれぞれの出店手数料の内訳を見てみましょう。
    詳しくは以下の図になります。

    出店手数料まとめ ④

    ※上記の図は楽天市場公式ホームページを参考に作成
    https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/?camp=70110000000tmPA&scid=li_gpc_166

    上の画像から分かるように、いずれのプランを選んでも、楽天市場出店でかかる初期登録費用は一律¥60000で、さらに出店手数料は定められた期間分の金額を一括で支払うことになります。

    楽天市場の月額システム利用料の内訳を掘り下げてみてみよう。

    楽天市場はどの出店プランを選んでも、出店料に加えて、月額のシステム利用料の支払いが必要になります。
    つぎにこのシステム利用料の内訳をすこし見ていきましょう。
    楽天市場で徴収されるシステム利用料のおおまかな全体像は以下の図が表しています。

    出店手数料まとめ ⑦

    画像抜粋 楽天市場公式ホームページより
    https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/cost_detail/
    上の画像の①出店料は1年分一括払いあるいは、半年毎の一括払いになります。
    しかし図の②システム利用料以降の費用に関しては楽天市場で出店する際の月額コストになります。
    では、支払いが必須の図②~⑤の月額コストについてもう少し見ていきましょう。

    楽天市場に月額支払いが必要なシステム利用料とは?月間コストその①

    楽天市場に支払う月額コストの一つ、システム利用料とは、パソコンもしくはモバイルを経由して発生した月間売上に掛かる費用で、選択する出店プランによってその割合は変わります。

    パソコンおよびモバイルそれぞれのシステム利用料の計算式は以下の通りです。

    システム利用料=月額売上高の通常販売額(課金対象額)×プラン毎の適用率

    なお、システム利用料適用率は各出店プランの月間売上高と平均単価(バスケット単価)によって割合が違います。

    システム利用料一例は下の図の通りです。

    出店手数料まとめ ⑤

    例えば、
    『出店プラン』はスタンダードプラン
    『平均バスケット単価』が¥20000
    『パソコン経由月間売上高』が200万
    『モバイル経由月間売上高』が200万
    『トータル月間売上』が400万円

    このような場合のシステム利用料を計算すると、

  • パソコン経由月間売上200万にかかるシステム利用料の計算式は

    【~100万】     【~200万】
    100万×4.0%  +  100万×2.8% =¥68000
    (¥40000)      (¥28000)

  • モバイル経由月間売上200万にかかるシステム利用料の計算式は

    【~100万】     【~200万】
    100万×4.5%  +  100万×3.3%  =¥78000
    (¥45000)      (¥33000)

  • 支払うシステム利用料は

    パソコン¥68000+モバイル¥78000=¥146000

  • という計算なります。

    もっと詳しくご覧になりたい方は楽天市場公式ページ
    https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/cost_detail/をご覧ください。

    楽天市場に月額支払いが必要なシステムサービス利用料とは?月間コストその2

    楽天市場出店に際し発生する月額コストの一つ、システムサービス料には

    1. 楽天スーパーポイントの原資
    2. 提携先のアフェリエイトを介して自店の商品が売れた場合の手数料の支払い
    3. 楽天市場のシステム開発費

    が入ります。
    それぞれどれぐらいの費用が発生するのか見てみましょう。

  • 楽天スーパーポイント

    ⇒楽天会員が楽天市場で買い物した場合、楽天スーパーポイントが付与されますが、店舗側がポイント原資として楽天会員の購入金額+消費税の金額の1.0%(通常)負担が必要になります。

  •      

  • アフェリエイトを経由して商品が売れた場合に楽天に支払うアフェリエイト費用
    1. 楽天スーパーアフェリエイト経由売上×アフェリエイト率料           (2.0~8.0% 購入商品のジャンルによって変動、詳しくは楽天公式ホームページにて)
    2. 楽天スーパーアフェリエイトシステム利用料=パートナーへの成功報酬合計×適用率

    アフェリエイトに関する詳しい料率に関しては楽天市場公式ホームページをご覧ください。
    https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/cost_detail/

         

  • 楽天市場のシステム開発費

    ⇒楽天市場をユーザーに方に安心、安全、便利に利用してもらうためのシステム開発費として月間売上高の0.1%(税別)の支払いもシステムサービス利用料の中に入っています。

  • 楽天市場に月額支払いが必要なR-Messe利用料とは?月間コストその③

    楽天市場「R-Messe』とは楽天利用者と店舗者側とのやり取りがスムーズに行えるシステムになります。
    このサービスを利用するにあたって、月額固定費と従量課金の2種類の使用料が発生しますが、月額固定料はR-Messeを利用する、しないに関わらず発生する費用になります。

    具体的な金額は以下の表のとおりになります。

    出店手数料まとめ ➅

    画像抜粋 楽天市場公式ホームページ
    https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/cost_detail/

    楽天市場に月額支払いが必要な楽天ペイ利用料とは?月間コストその④

    楽天ペイとは店舗側に代わって楽天が決済業務を代行してくれる、楽天のオンライン決済サービスです。
    (※出店プランによって利用不可)

    楽天ペイ利用料は平均決済単価と月間決済高でその率はかわります。
    詳しい率料はこちらでは割愛しますが、詳しく知りたい方は楽天のホームページをご覧ください。
    https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/cost_detail/

    Yahoo!ショッピングの出品手数料とは?内訳を見てみよう。

    有名インターネットショッピングモール出品手数料最後の紹介は、Yahoo!ショッピングです。
    Yahoo!ショッピングは出店に伴って発生する初期費用や月額の固定費を無料にする唯一のインターネットショッピングモールになります。

    Yahoo!ショッピングの出品手数料は無料。商品成約時に販売手数料のみかかる。

    Yahoo!ショッピングで出店すると以下の3つの費用が無料となります。

  • 初期費用
  • 月額システム利用料
  • 売上ロイヤルティ
  • ただし、商品が売れた時は

  • Tポイント原資負担 
  •       
    ⇒2.5%~16.5%(2.5%=1%ストアポイント+1.5%ボーナスポイント充当分は必須)

  • アフェリエイトパートナー報酬原資
  •   
    ⇒アフェリエイトパートナーサイトに支払われる成功報酬。
     販売商品価格(税抜き)の1~50 %(1%は必須)
     アフェリエイトを経由して商品が売れた場合支払いが発生します。

  • アフェリエイト手数料 
  •                 
    ⇒アフェリエイトパートナー報酬原資の30%
     アフェリエイトを経由して商品が売れた場合のみ支払いが発生します。

  • 決済手数料 
  • 【クレジットカード決済】 決済金額の3.24%(非課税)
    【モバイル支払い(キャリア決済)】 決済金額の4.48%(税別)
    【モバイルSuica決済】 決済金額の3.6%(税別)
    【銀行振り込み決済(ペイジー)】 150円/件 (税別)
    【Yahoo!マネー/預金払い】 決済金額の3.0%(税別)
    【PayPay残高払い】 決済金額の3.0%(税別)
    【コンビニ決済】 150円/件~300円/件(税別)

    商品が売れた場合に発生する販売手数料をトータルするとだいたい8%前後と結構な割合になりますが、初期費用や月額の固定費がない分、販売手数料の割合もそこまで気にすることではないかと思います。

    勝マイケル
    勝マイケル
    いかがでしたか?
    今回はアマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピングの出店手数料について紹介させていただきました。アマゾンやYahoo!ショッピングに比べて、楽天市場の出店手数料は少し複雑な印象を受けますが、あくまで目安としてそれぞれの出店手数料を参考にして頂けたら幸いです。
    もちろん、ネットショッピングモールに出店するにあたって、月額の固定費がいくらかかるかとても重要ですよね。

    しかし、それに合わせて

  • サイト作りに大きな労力を割くことなく、効率的に販売したい方はアマゾン
  • 店舗の作り込みをしっかりやって独自のお店の色を出したい方は楽天市場
  • インターネットショッピングサイト運営が初めてなので気軽に始めたい方はYahoo!ショッピング
  • というように、どのようなインターネットショッピングサイトを築きたいのかビジョンを明確にし、それを叶えるインターネットショッピングモールを選ぶのも大切かと思います。

    勝マイケル
    勝マイケル
    なにはともあれ、このブログを読んでくださっている皆さんの中で一人でも多くの方が、納得のいくECサイト運営ができることを願っています。

    あなたが中国輸入に取り組むにあたっての不安を一掃します

    どこよりも分かりやすく動画で解説してくので、チャンネル登録お願いします♡